[応用英文法]【ライティング】使うの難しくない?関係代名詞【初級〜中級レベル】【使い過ぎ注意!】

覚えてないと使うのムリです

<関係代名詞>は、ライティングになるとミスをしやすい文法です。

 

その理由として、

  • 種類が多い
  • thatに置き換えられる場合がある
  • 省略できる場合がある

であり、文法のルールがかなり複雑だからです。

 

一方で、<関係代名詞>を多用する方が、結構おられます。

結果として、遠回しな日本語からそのまま英文に訳したような印象になり、言いたいことが相手に伝わりません。

悪い例)

●I will send you an email that I will reply to your email, which tells you about the next meeting.
(あなたのメールに返信するメールを送る予定ですが、内容は次のミーティングについてです。)

 

まずは、<関係代名詞>をおさらいしましょう!

【先行詞が

  • 主格:who→thatも可
  • 目的格:whom→thatも可・省略可
  • 所有格:whose

【先行詞がモノ

  • 主格:which→thatも可
  • 目的格:which→thatも可・省略可
  • 所有格:whose

 

「whichがいまいち分からないんだよなぁ。。」
「thatっていつ使うんだっけ。。」というような方は、参考書を開いて復習しましょう。

まだまだライティングで<関係代名詞>は、使いこなすことはできません!

「接続代名詞」の働きを意識しよう

<関係代名詞>は、代名詞の仲間だということを意識することも大切です。

  • 先行詞の代わりに置くのが、関係代名詞
  • 先行詞は、<主語><目的語><所有語>の3種類
  • 主語→<主格>・目的語→<目的格>・所有語→<目的格>になる

 

例)

●I will send you an email.  The email tells you about the next meeting.
(あなたに、とあるメールを送る予定です。そのメールは、次のミーティングについてです。)

=I will send you an email which tells you about the next meeting.
(次のミーティングについての、メールを送る予定です。)

<主語>の代わりの置いた<主格>のwhich

※「send you an email」と「reply to your email」は言いたいことが同じなので、どちらか1つでOKです。

 

また、文と文をつなぐ働きもあるので、接続詞の仲間ともいえます。

例)

●I will send you an email. And the email tells you about the next meeting.
(あなたにメールを送る予定です。そして、そのメールは次のミーティングについてです。)

=I will send you an email which tells you about the next meeting.
(次のミーティングについての、メールを送る予定です。)

「And」でつなぐ文が、関係代名詞により接続された

 

つまり、言ってみれば、<関係代名詞>は『接続代名詞』です。

常に「<関係代名詞>は、接続詞の働きをする代名詞である」ことを意識すれば、ライティングのミスは減るでしょう。

 

※ただし、この例文の場合は、下記の方がスッキリして良いライティングになります。

〜I will send you an email about the next meeting.〜

 

テストやビジネスのライティングでは、文法ミスは避けたいものです。

ぜひ、関係代名詞を使いこなせるようになりましょう!

 

●現在完了も、ムリヤリ使っていませんか?
こちらもどうぞ→関係代名詞って使わないとダメ?

●抜けてませんか?高校英文法
外部リンク→『総合英語 Evergreen』(いいずな書店)