【中級】TOEIC®と公式問題集

なぜ『公式』なのか?

TOEIC®の勉強、どんなテキストを使っていますか?

 

本屋に行くと、TOEICの対策本コーナーがあり、棚全部がTOEICテキストだったりします。

英語のテストの中でも、不動の人気テストということが分かります。

 

そんな中、公式問題集を使っている人は多いのではないでしょうか?

ハッチ横浜英語教室でも、『公式』を使用しています。

 

その理由は、

・テストが2回分入っていること。
・余分なテクニックの記載がないこと。

 

『公式』は、本番を想定して模擬練習できるのが、大きな利点です。

 

一方、その他のテキストはどうでしょう?

 

ほとんどが、テスト概要やPart別テクニックの解説がメインです。

TOEICの各Partに慣れることはできますが、本番を想定したタイムマネジメントの練習はできません。

記憶力を邪魔しない『公式』

通常TOEIC対策は、「基礎力アップ」と「実践練習」がメイン。

『公式』以外に、基礎力アップを目指して、単語
暗記のテキストをプラスします。

 

また、音読やシャドーイングのようなトレーニングも必要でしょう。

音読などには、『公式』の解説と音源を使用します。

 

実は、TOEIC目標スコアを達成するには、情報を頭の中にしまっておく記憶力も必要。

記憶しておいた情報を元にパッセージ(本文)やリスニング(放送)を理解して、時間がかかり過ぎるのを避けるためです。

 

言うまでもなく、TOEICはタイムマネジメントが命のテストです。

ですので、時間内に問題を解き終えないと、目標スコアは取れません。

 

逆に、設問や選択肢を何度もウロウロしていると、時間が足りなくなります。

つまり、タイムマネジメントに失敗します。

 

『公式』は、テスト概要やPart別テクニックの解説がない分、記憶力のトレーニングにもなります。

メモができないTOEICならではの、トレーニングですね。

 

すでにお持ちのテキストを活用したい場合も、同じです。

TOEICの勉強は繰り返しが基本なので、同じテキストを繰り返しやることをおすすめします。

本番は『公式』と”ほぼ同じ”

理想は、「『公式』がそのままテストに出たら990取れる!」と言い切れること。

そうイメージしながら、『公式』の勉強は進めていきましょう。

 

残念ながら、「990取れる!」という人はなかなかいないのが現状。

全く同じ問題は出ないものの、”ほぼ同じ問題”は出ますよ。

 

せっかく勉強するのに、「分かったつもり」では、もったいない。

『公式』を繰り返しやってTOEICを体で覚え、本番に備えましょう!

無料体験レッスン

50分レッスンを無料で体験していただけます。
お気軽にお問い合せ下さい。

●受付時間

平日    10:00 - 21:00 [月火定休]
土・日・祝 10:00 - 18:00

●アクセス

【オンライン】
パソコンやタブレットでオンライン受講できるツールZoomを使用します。

【対面】
横浜市神奈川区西神奈川1-13-12 アーバンビル 6F ウィズスクエア横浜 内(近隣に自転車置き場あり)JR京浜東北線『東神奈川駅』東横線『東白楽駅』から徒歩5分/京急線『仲木戸駅』から8分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA