[TOEICリスニング]【初級者〜中級者向け】Part 2「Aさん」の発言がポイント!【20問正解を目指す】

「意外と」難しいPart 2

TOEIC®のPart 2は、25問あります。

「Aさんの発言に対して、Bさんは、どう答えるでしょう?」という問題です。

 

【Part 2の出題形式】

  • AさんBさん共に発言が短い(2~4秒程度)
  • Part 2だけ選択肢が3つの三択(他は4つ)
  • 問題数は25問(Part 3は39問、Part 4は30問)

 

一見簡単そうで、「おっ!リスニング苦手だけど、イケるかな!?」と思う方が多いかもしれません。

 

しかし!

Part 2は、「意外と」難しいです。

 

というのも、Part 2は、ヒントが印刷されていません。

 

その他、Part 1, Part 3, Part 4は、

  • 写真
  • 図表
  • 選択肢

など、問題用紙にヒントが印刷されています。

Part 2だけ、正解をイメージできるヒントが一つもないのです。

 

しかも、「Aさんの発言に対して、Bさんは、どう答えるでしょう?」という問題は、文脈をつかむのがとにかく難しいです。

ですので、

「なんとなくあやふやなままどんどん進んでいくPart 2」

「どの選択肢も正解とは思えないPart 2」

「2、3個しか自信を持って答えられないPart 2」

という声をよく聞きます。

 

その他、

  • Bさんの応答パターンが多すぎる(予測できない)
  • アクセントにクセのある人がいる
  • Aさんの発言を聞き逃したらアウト

 

しかも、なぜかPart 2だけ、年々どんどん難しくなっていっている印象です。

何度か受験を経験した方でも、「意外とPart 2でスコアが取れない!」というのも納得でしょう。

「三択」に目をつける!

一方で、25問あるPart 2は、大きくスコアを稼ぐことができます。

続くPart 3(39問)とPart 4(30問)へ良い流れを作るためにも、一問でも多く正解したいものです。

 

実は、Part 2は選択肢が三択のため、「さすがにこれは違うだろう。。」という解き方が役立ちます。

「正解だ!」でなく、「不正解だ!」をヒントに『消去法』で解くのです。

 

Part 2が苦手な方は、

  • Aさんの発言を聞けるようになりましょう!
  • 『消去法』で解けるようになりましょう!

目標は、25問中、20問正解です!

 

もちろん、「Aさんの発言を聞く」も、「『消去法』で解く」も、基本的なリスニング力があるからこそできること。

アクセントにクセのあるスピーカーも出てきます。

音読練習などを取り入れ、ぜひPart 2を得意なパートにしていただきたいですね。

 

●TOEICは単語対策も必須!
こちらもどうぞ→[TOEIC] 暗記じゃない単語力

●TOEIC Listeningのテスト形式を知ろう!
外部リンク→【公式】テストの形式と構成(ETS®公式サイト)