【初級】TOEFL iBT®リスニング会話のメモは左右に分ける

TOEFL iBTのリスニング、長い!

TOEFL iBT®オフィシャル問題集って、巨大ですよね。

この分厚さ。。

私がアメリカ留学していた30年くらい前も、この感じだったな〜、、懐かし…..

 

でも、これは旧テストの問題集。

2019年にテスト内容が変更され、問題数が減って時間も短くなりました。

 

That was a great news, wasn’t it!?

時間は30分も短くなって、受験者の心と身体の負担がずいぶん減ったことでしょう。

 

でも、あいかわらずリスニングは長い。

他の英語テストに比べても、ダントツで長いです。

 

おまけに、メモ取らなきゃならないし!

問題の先読みもしなきゃ。。。わ〜大変…..

会話のメモは左右に分けてメモ

TOEFL iBTのリスニングは、メモ取りが必須。

紙のテストなら問題や選択肢にアンダーライン引きながら聞けますが、TOEFL iBTは、それができないからです。

 

キーボードをよけてスペースを作ってでも、メモは取らないとダメです!

初級者さんは音源を聞くだけでも精一杯ですが、同時にメモの練習も行いましょう。

 

まず、AさんとBさんが話す会話問題

左(学生)右(職員)に分け、メモします。

 

【メモ例】

左(学生)「no text,   need help」 →  右(職員)「suggestion」

左(学生)「what to do?」 →  右(職員)「bookstore,  old text 」

 

こんな感じで、左右に分けてメモします。

そうすると、あとで話の流れを確認しやすいです。

 

メモは、聞きとれた英単語を素早く書く!

特に、似たようなことを繰り返し言っているところは重要な発言です。

音読&オーバーラップ読みで耳を鍛える

言うまでもなく、メモ取りするには、基本的なリスニング力が必要。

 

初級者さんは、スクリプトを見ながらの『ゆっくり音読』から始めましょう。

最初は、音源なしで大丈夫です。

 

慣れたら、音源に合わせて『オーバーラップ読み』をします。

スクリプトを目で追いながら、スピードを意識しましょう。

 

この時、『ゆっくり音読』がしっかりできていないと、音源のスピードについていけません。

焦らず、着実にリスニング練習で耳を鍛えます。

 

できることから、確実にやっていくことが大切。

ハッチ横浜は、初級者さんを全力でサポートさせていただいています!

無料体験レッスン

50分レッスンを無料で体験していただけます。
お気軽にお問い合せ下さい。

●受付時間

平日    10:00 - 21:00 [月火定休]
土・日・祝 10:00 - 18:00

●アクセス

【オンライン】
パソコンやタブレットでオンライン受講できるツールZoomを使用します。

【対面】
横浜市神奈川区西神奈川1-13-12 アーバンビル 6F ウィズスクエア横浜 内(近隣に自転車置き場あり)JR京浜東北線『東神奈川駅』東横線『東白楽駅』から徒歩5分/京急線『仲木戸駅』から8分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA