[TOEFL iBTリスニング] 左右に分ける会話メモ

大変!TOEFL iBTリスニング

2019年以降、TOEFL iBTは、大幅に問題数が減りました。

テスト時間が30分も短くなったんです。よかった!

 

でも、、、

あいかわらず、リスニングは長い。

とにかく一つのリスニングが長いです。

 

しかも、コンピューターベースのテストのため、メモ取りの難しさは群を抜いています。

(紙ベースのテストでは回答用紙に書き込めるので、もっと簡単なのです。)

 

TOEFL iBTのリスニングは、一言で言うと「大変!!」です。

旧テキストはとにかく分厚かった!

「後で確認しやすい」メモ

アカデミックな英語テストでは、メモ取りが必須。

TOEFL iBTにおいても、「メモ取りを攻略する者がリスニングを攻略する」と言っても過言ではありません。

 

初級者さんは音源を聞くだけでも精一杯ですが、聞くための対策だけでは不十分。

同時に、メモ取りの対策も行いましょう。

 

ポイントは、「後で確認しやすい」メモです。

整理しやすいよう、左右QuestionとAnswerに分けてメモします。

 

特に、「繰り返しの発言」はメモ取りが必須です。

 

【メモ例】

左(Question)「no text,   need help(テキストがない、助けて)」
・右(Answer)「suggestion(提案)」

左(Question)「what to do?(何をする?)」
・右(Answer)「bookstore,  old text (本屋、古本)」

 

当然「知識」と「アウトプット(実践)力」は違いますので、

音読やシャドーイングなど、リスニングトレーニングで耳を鍛えることも大切です。

 

使えない知識は、スコアアップに役立ちません。

長い目で見て、やれることから始めましょう!

英語を身につけ世界で活躍しよう