【TOEFL iBTリスニング】左右に分ける会話メモ

長い!TOEFL iBTリスニング

TOEFL iBT®オフィシャル問題集って、巨大ですよね。

(↑ 旧テストの公式ガイドブック)

 

2019年以降、幸い問題数が減って時間も短くなりました。

テスト時間が、30分も短くなったんです!ラッキー!

 

でも、、、

 

あいかわらず、リスニングは長い。

他の英語テストに比べても、ダントツ長いです。

 

TOEFLリスニングの難しさは、メモ取りの難しさ。

問題を『読む』も攻略しないといけません。

 

大変!!

「後で確認しやすい」メモ

コンピューターベースのリスニングテストは、メモ取りが必須。

TOEFL iBTにおいても、「メモ取りを攻略する者がTOEFLリスニングを攻略する!」と言っても過言ではないのです。

 

キーボードをよけてスペースを作ってでも、メモは取ります。

テストに快適な環境は、かなり大事です。

 

初級者さんは音源を聞くだけでも精一杯ですが、同時にメモの練習も行いましょう。

 

【メモ例】

左(学生)「no text,   need help」 →  右(職員)「suggestion」

左(学生)「what to do?」 →  右(職員)「bookstore,  old text 」

 

こんな感じで、左右に分けてメモします。

 

分けてメモするのは、「後で確認しやすい」からです。

やみくもにメモしても、効果ありません!

 

メモは、聞きとれた英単語を素早く書く。

特に、「似たようなことを繰り返し言っているところ」のメモは必須です。

耳を鍛えるトレーニング

とはいえ、テクニックだけ分かっていてもNGなのは当たり前。

基本的なリスニング力に、トレーニングは欠かせません。

 

まずは、スクリプトを見ながら『ゆっくり音読』から始めましょう。

慣れたら、音源のスピードに合わせて『スピード音読』に移ります。

 

中級以上の方でも、トレーニングは必要です。

長い目で見て、やれることを、今から始めましょう!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA