捨てない!TOEIC®Part 7

終了3分前に解き終わるコツ

「TOEICは、いつも最後の3列テキトーに塗って終了〜…」と言った声をよく聞きます。

時間内に全部解き終わるためには、単語力と文法力はもちろん、タイムマネジメント力が必要。

 

ちなみに、私はテスト終了3分前くらいに解き終わるようにしています。

「3分なんて中途半端な…」と言われますが、ちゃんとタイムマネジメントをしています。

 

5分だと、余りすぎ。ギリギリ過ぎてもNG。

なので、3分前がちょうどいいというわけです。

 

「TOEICを“人に教えられるほど“熟知しているから為せる技でしょうねぇ〜」と思う人もおられるでしょう。

しかし、私は「全部の問題を解く」とは言っていません。

 

そうです。

数問飛ばしてでも、最後まで解く!

これが、『終了時間内に解き終わるコツ』です。

狙え!Part 7の簡単な問題

全問ちゃんと解かなければならないわけではないですが、最低レベルの基礎力(単語&文法)は必要。

基礎力がないと、Part 5と6だけでなく、Part 7の問題文を読むだけで時間がかかりタイムロスしがちです。

 

「Part 7が終わらない!」という人は、この基礎力が欠けている可能性大です。

ストラテジーだけでは、TOEIC攻略できないことを覚えておいて下さい。

 

ところで、Part 5とPart 6は最低でも30分以内に解かないと、Part 7は全部解けないと思います。

考え込まないで、時間のかかる問題は飛ばす勇気を持つ。

 

もし数問飛ばさなくてはならなくなっても、安心して下さい!

Part 7には、Part 5や6よりも、簡単な問題が結構あるんですよ。

スコア300点台→500以上に!

TOEICは英語のテストであると同時に、タイムマネジメントのテストと言っても過言ではない。

時間を守るだけで、最初はかなり効果が出ます。

 

過去にも、考えても分からない問題を飛ばしただけで、スコア300レベル→500以上になった人が結構いました。

基礎力アップにも取り組み、見事目標スコアを勝ち取ったのです。

 

いかに、「Part 5や6よりも、Part 7に簡単な問題が多いか」が分かると思います。

Part 5の見たことない単語の意味なんて、いくら考えたって分かりはしないんです。

 

でも、Part 7の「◯◯さんは、これからなにをする予定ですか?」タイプの問題だったり、「◯◯が開催されるのは何曜日ですか?」タイプの問題は、めちゃくちゃ簡単です。

もっと上を目指そう

500を取れたら、ぜひ600〜700を目指しましょう。

600〜700を目指す人は、「正解選択肢にある、本文との同意語に気づけるか」がポイントです。

 

例えば、job、task 、workはすべて「仕事」。

本文中ではtask、正解選択肢ではworkとなっています。

このように、同意語がヒントであることが、かなり多いのです。

 

まずは、基礎力をアップ。

それから、ストラテジーをマスターし、より正解率を上げる。

 

時間のある学生さんには、「“金フレ”全部暗記して、公式問題集数冊カンペキにやってTOEIC受けたら、700は取れるよ!」と言うかもしれないですが、忙しい社会人には無理ですよね?

少し経済的にも余裕がある社会人は、1回でスコア取るより、「500→600→700」のように計画的にスコアアップすることをお勧めします。

無料体験授業をお試し下さい

●受付時間

平日    10:00〜21:00(月火定休)
土・日・祝 10:00〜18:00
※日・祝はオンラインのみとなります

お問い合せ・ご相談も承っております。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA