TOEIC®スコアはPart 2でかせぐ

ヒントなし!意外と鬼門Part 2

TOEIC® Listening & Reading、今年6月までのテストがすべて中止になってしまいました。

もし7月も中止になると、8月は元々テストがありませんので、次回のテストは9月ということになります。

 

こんな事態、これまで一度もなかったはず。。

「世の中いったいどうなっちゃうんだ!?」という感じですが、ともかく今はSTAY HOME。

 

「今はインプットの時間」と前向きに考え、ハッチ横浜も、オンラインでレッスンに対応させていただいております。

 

ところで、TOEIC® Listening & ReadingのPart 2って、意外と難しいですよね!

特に、リスニングが苦手な初心者さんにとっては。。

 

その理由は、、、

・先読みができない!

・アクセントに癖があるスピーカーがいる!

・シンプルすぎる!

・応答パターンが多すぎる!

 

一言で言うならば、『とにかくヒントがない』!!!

Part 2が苦手な人なら、思い当たることがあるのではないでしょうか?

英語ができる人の盲点

でも実は、Part 2が苦手なのは、初心者さんだけではありません。

文法なんかが得意な人も、Part 2が苦手な人は多いのです。

 

文法が得意な人は、文法やリーディングは得意な人が多いです。

単語の暗記も得意なので、語い問題もどうってことないと思います。

 

でも、そんな人にとっても、ヒントのないPart 2はまさに鬼門!

しかも、1回しか放送されない一発勝負!

 

「問題文の先読みさえできればな〜、、、」って感じではないでしょうか?

そういう意味で他のリスニングPartと違って、ちょっと緊張しますよね。

Part 2はスコアを稼げる!

とはいえ、Part 2は25問もあります。

トレーニング次第で、かなりスコアを稼げます。

 

リスニングが得意不得意関係なく、絶対に攻略しないとならないPartです。

この際、「問題文や選択肢の先読みする手間がなくてラッキー!」と、前向きに考えましょう。

 

では、一つ典型的なPart 2の回答テクニックをご紹介。

 

英語では、YesかNoで答える疑問文は、文末を上げて発音します。

これが、Part 2での大きなヒントとなります。

 

例えば、、、

放送文:
The final report from Jane has been received, hasn’t it?

「ジェーンからの最終報告、受け取りましたよね?」(↑)

 

スピーカーは、文末のhasn’t it?(↑)を上げて発音します。

つまり、「YesかNoで答えている選択肢が正解!」というわけ。

 

例えば、、、

選択肢:
(A) Maybe it’s Jane’s.
(B) The backpack is on the chair.
(C) I don’t think so.「そう思いません。」

 

選択肢(C)は、Noと同じ意味。

というわけで、正解は(C)となります。

 

大事なのは、放送文の意味を全部理解しようとせず、ポイントを抑えてリスニングする練習をすること。

そうすることで、1回しか放送されなくても、緊張しないでリスニングできるようになります。

消去法でも解けるPart 2

このように、いくつかのポイントを抑えることで、Part 2は攻略できます。

 

他にも、ひっかけの選択肢を見破るテクニック。

Part 2では、「これはさすがに正解じゃないだろう…」という選択肢を聞き分けて、消去法で解くこともできるのです。

 

ラッキーなことに、Part 2は選択肢が(A)〜(C)の三択です。

(A)〜(D)四択の他のPartに比べて、消去法で解きやすい。

 

例えば、、、

放送文:
The final report from Jane has been received, hasn’t it?

「ジェーンからの最終報告、受け取りましたよね?」

 

選択肢:
(A) Maybe it’s Jane’s.

「it’s Jane’s」は、さすがに違うだろう。。

 

(B) The backpack is on the chair.

「on the chair」は場所だから、放送文が「Where〜?」じゃないとダメだろう。。。

 

(C) I don’t think so.「いいえ、そう思いません。」

これが一番答えとなる範囲が広いし、(A)と(B)は違うから、正解は(C)だ!!

 

なんだか、自分でもかんたんに解ける気がしませんか!?

 

…..とはいえ、基本的なリスニングができないと、せっかくのテクニックも生かすことはできません。

特にPart 2は、アクセントの強いスピーカーの発言が聞き取りにくいことがよくあります。

 

音読やシャドウイングを取り入れて基本的なリスニングができるようになった上で、是非ともテクニックを磨いていただきたいと思います!

無料体験授業をお試し下さい

●受付時間

平日    10:00〜21:00(月火定休)
土・日・祝 10:00〜18:00
※日・祝はオンラインのみとなります

お問い合せ・ご相談も承っております。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA