[TOEFL®対策]【初心者さん】生徒さんのお話 10【TOEFL ITPリーディング】

「慎重すぎる」というお悩み

TOEFL ITP®(以下、ITP)対策を受講いただいたJさん(大学生)です。

リーディングセクション(Section 2とSection 3)に時間がかかってしまい、「スコアが伸びない」というお悩みがありました。

 

ITPは、かつて留学希望者が受けていた<TOEFL PBT®テスト(現在は実施終了)>の後継版テスト。

昨今、ITPは大学の進級・進学のため受験する方がほとんどで、アカデミック英語に慣れない方にはかなり難しいテストです。

 

そのため、JさんのようはTOEFL初心者さんは、慎重になりすぎてしまう傾向があります。

一問一問に時間がかかり過ぎてしまうため、全部解き終えることができずに途中でタイムアップ!

 

ITPのリーディングセクションは回答時間がとても短いため、速読テクニックを使わないと最後まで解くのはなかなか難しいといえます。

 

Jさんの場合、

  • 語彙対策
  • 文法の見直し
  • 速読テクニックのスキミングとスキャニングを強化

をさせていただきました。

スキミングとスキャニングを強化!

TOEFL対策では、スキミングとスキャニングは欠かせません。

スキミングとスキャニングは、非ネイティブ向けのリーディングテクニックです。

 

【スキミングとスキャニングでできること】

  • パッセージのメイントピックを理解する
  • メイントピックをサポートするセンテンスを見つける
  • 設問を素早く理解し回答する
  • 同じところを何度も読み返すのを避ける

 

リーディングセクションができるようになると、全体のスコアがググッ!と上がります。

今後ますますのご活躍、陰ながら応援しております!

 

●単語対策を同時に行おう!
こちらもどうぞ→[TOEFL iBT/ITP] 英検単語でOK?

●受験者の貴重なアドバイスを読むことができます!
外部リンク→TOEFL ITP®テスト受験者の声(ETS®公式サイト)