[スピーキング] 効果的なリンカーを使いこなせ!

英語のリンカーとは

リンカーとは、スピーキングで、文と文をつなぐ役割をする表現です。

意見を相手に伝える効果だけでなく、アイディアを整理しながら落ち着いて話すことができます。

 

例えば、、

“I’m going to tell you about…”
(これからお話しするのは、、、)

“In addition to that, …”
(それに加えて、)

“Actually, I don’t think it’s…”
(でも実際は、そうは思えなくて、)

 

このように、リンカーは、自分が本当に言いたい本題に入る前の「前置き」です。

スピーキングのリンカーは決してオマケ的な存在ではなく、続く発言につながるとても大切な表現なのです。

リンカーの種類

リンカーには、「順接」と「逆接」があります。

「順接」と「逆接」はほぼセットになっているので、ぜひ参考にして下さい。

 

例えば、

●AndやAlsoは「順接」
●ButやHoweverは「逆接」

これは簡単ですね。

●In addition to thatは「順接」
●Actuallyは「逆接」

それに加えて(In addition to that)は「順接」、実際のところ(Actually)「逆接」のリンカーです。

 

このように、リンカーは「順接」と「逆接」のどちらかに分かれます。

どちらか一つでなく、必ずセットで覚えましょう!