【スピーキング】効果的なリンカーを使いこなす!

スピーキングにリンカーは必須!

リンカー(linker)とは、スピーキングで、文と文をつなぐ役割をする表現です。

その働きとして

  • 言いたいことを相手に伝えやすくする
  • アイディアを整理しながら話すのに役立つ

などがあげられ、スピーキングにおいてリンカーは必須のスキルです。

 

しかし、リンカーを使わずスピーキングしてしまうと

  • 脈絡のない
  • 相手に伝わらない

発言になりがちです。

思い当たる方は、効果的なリンカーを使っていない可能性が高いです。

 

例えば、

  • “I’m going to tell you about…”
    (これからお話しするのは、、、)
  • “In addition to that, …”
    (それに加えて、)
  • “Actually, I don’t think it’s…”
    (でも実際は、そうは思えなくて、)

などがリンカーです。

 

つまり、リンカーを使うことで

  • 本題に入る前のサイン
  • 続く大切な発言につなげるためのサイン

などを示すことができます。

結果、日英直訳を避けてスピーキングをすることが可能になるのです。

 

リンカーの種類

リンカーには、

  • 順接(”I’m going to tell you about…””In addition to that, …”など)
  • 逆接(”Actually, I don’t think it’s…”など)

があります。

 

このように、リンカーは「順接」と「逆接」のどちらかに分かれます。

どちらか一方でなく、必ずセットで覚えましょう。

 

ハッチ横浜英語教室では、スピーキング初心者さんや、英語で言いたいことが伝わらない方も安心のマンツーマンレッスンを行なっております。

どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

 

〜こちらもどうぞ〜

生徒さんのお話 4〜発話が続かない