【TOEFL ITP】大学の単位認定をめざすには「文法の見直し」から

女性

単位認定にはTOEFL ITP 430点以上が必要

TOEFL ITP®テストは大学で実施されるIP(Institutional Program)テストで、一般の人は受けることはできません。そのため大学内での、クラス分け、進級といった際の英語力を測定するのに使われます。

TOEFLはもともと留学希望者向けに作られたテストなので、TOEFL ITPテストは難易度が高いのが特徴です。英語に自信がない人だけでなく、中学高校と頑張って英語を勉強してきた方にとっても、かなり難しいテストといえるでしょう。

単位認定を受けたい場合、最低でも430点が必要です。

そのためには、まずはSection 2(文法語彙問題)で6〜7割の正答率で取る必要があります。

また、TOEFL ITPテストは、

Section 2: 25分(40問)

Section 3: 55分(50問

と、時間配分も非常に難しいテストです。

TOEFL ITPはSection 2(文法語彙問題)で何点取ればいいか?

TOEFL ITPでは、まずはSection 2(文法語彙問題)のスコアを上げられるようになることが必須の条件です。

Section 2は、「空所穴埋め問題(15問)」と「間違い探し(25問)」で合計40問と問題数は多いものの、比較的点を上げやすいセクションです。正答率を上げるために、ミスすることなく時間内に1問でも多く問題を解くスキルをつけることが大切です。

40問中30問くらい正解できるようになると、全体で430点が楽に取れる可能性が高くなります。

大学生にとってTOEFL ITP 430点以上の英語力は卒業後も有利

Section 2の正答率が30問前後くらいまで上がると、「単語力と文法力がしっかり身についている」という目安にもなります。これくらいの英語力がついていると、スピーキングやライティングでも生かせるくらいの英語力がついたと考えてもよいでしょう。

就活に際してはTOEICというビジネス英語試験で600点以上取るよう生徒さんにお勧めしていますが、TOEFL ITP430点以上の英語力がある人にとっては、比較的楽にクリアできる点数だと思います。

TOEFL ITP430点をクリアするにも、就活に有利なTOEICスコア600を取るにしても、欠かせないのは「文法力」。

大学の単位認定で必要なTOEFL ITP 430点以上を目指す人は、テスト日からさかのぼり、まずは「文法力」の見直しから計画的に対策を行っていきましょう。

ハッチ横浜英語教室は「TOEFL」「IELTS」に強い英語教室です。 オリジナルの『加点ポイントフォーカスメソッド』で、短期間で集中的に英語試験のスコアアップを目指せるようマンツーマンにてレッスンをおこなっています。 また、さまざまなトレーニングを通して、英語がスラスラ出てくるようになる楽しさを実感していただいています。

随時、オンライン無料体験レッスン受付中

体験レッスンを受けた方には、あなたのスコアアップに重点を置くべきポイントについてアドバイスさせていただきます。さらに、試験攻略の小冊子をプレゼント。
講師