読む

長文のキーワードを見つける速読『スキャニング』

TOEFL、IELTS、TOEICのリーディングセクションでは、長文の詳細部分を設問にした『木問題』がたくさん出ます。このような『木問題』を、1問でも多く正確に解くには、ネイティブレベルの英語力が必要なのでしょうか?

いいえ、そうではありません。TOEFL、IELTS、TOEICは、非ネイティブ向けのテストです。ネイティブレベルの英語力がなくても、解ける問題はもちろんたくさんあります。

しかし、英語試験のリーディングセクションで、「時間がかかる上に、正答率が低い」と、伸び悩む人がたくさんおられます。そのような方の多くが、実は問題を解くのに時間をかけ過ぎてしまっています。

『木問題』を1問でも多く「正確に」解くには、リーディングのテクニック『スキャニング』を使います。重要な情報をスキャン(scan)する方法です。

スキャニングができるようになると、視覚を使って『キーワード』が見つけられるようになります。そして、時間をかけず、「正確に」各段落の内容もより細かく理解できるようになります。

ハッチ横浜英語教室では、『スキャニング』のトレーニングに力を入れています。

単語やストラテジーばかりの学習から抜け出し、スキャニングでリーディングのスキルをあげていきましょう!

スキャニングできると加点ポイントアップできる理由

TOEFL、IELTS、TOEICのリーディングセクションの木問題』は、例えば、「According to 〜, why is Mr. xx selling his car?(〜によると、なぜxxさんは車を売るのですか?)」といった設問です。

このような『木問題』は、主題を問う『森問題』とは違って、数がたくさんあります。そのため、スキャニングでキーワードを素速くスキャンできるようになれば、リーディングセクションの大幅な加点ポイントが期待できます。

逆に、スキャニングをしないでリーディングをすると、どうでしょうか?

そうです。問題を解くのに、時間がかかる上、正答率が低くなります。結果、テストを「なんとなく」勧めてしまい、スコアアップできないという悪循環になります。

虫眼鏡

ハッチ横浜のスキャニングトレーニング

スキャニングは、1日でできるようにはなりません。講師監督のもと、ステップを踏んで正しくトレーニングしていくことが大切です。

スキャニングをトレーニングしながら、

  • 語彙力
  • 英文法

も、同時に強化します。

ハッチ横浜英語教室では、英語の基礎力をつけながら講師と二人三脚でスキャニングを身につけていきます。

ハッチ横浜英語教室は「TOEFL」「IELTS」に強い英語教室です。 オリジナルの『加点ポイントフォーカスメソッド』で、短期間で集中的に英語試験のスコアアップを目指せるようマンツーマンにてレッスンをおこなっています。 また、さまざまなトレーニングを通して、英語がスラスラ出てくるようになる楽しさを実感していただいています。

随時、オンライン無料体験レッスン受付中

体験レッスンを受けた方には、あなたのスコアアップに重点を置くべきポイントについてアドバイスさせていただきます。さらに、試験攻略の小冊子をプレゼント。

お気軽にお申し込みください。

講師