【TOEFL ITP対策】Section 2(文法問題)に必要な文法力

ノート

推薦入学した人はTOEFL ITP文法セクションSection 2が苦手

大学でTOEFL ITP500点を取らなければなりません。

一回受けたのですが、こんな難しい英語試験は初めてです。。

TOEFL ITPはかなりハードですよ。

とにかく単語が難しいので、苦戦されている学生さんも多いです。

TOEFL ITPは何はともあれSection 2(文法問題)の出来次第。Section 2で点が取れないと、他のセクションの点も上がりません。

そうですよね。。

文法には、自信がありますか?

これまでちゃんと勉強してきたつもりです!

高校では英語の成績も良かったので、大学も推薦入学できました。

推薦入学ですか?

センター試験や大学入学共通テストを受けていない人は、文法力が足りないことが多いんですよ。

えっ!そうなんですか?

ショック。。

TOEFL ITP Section 2とは:

  • Structure(短文穴埋め問題) 15問
  • Written Expression(間違い探し選択問題) 25問
  • 制限時間25分

40問を25分ってことは、、

1問30秒くらいで解かなきゃいけないってことですよね。。

そうです。

「この問題は不定詞について問われているんだ」とか、「次の問題は仮定法だ」などと、見た瞬間に識別できるレベルの文法力が必要です。

ハードルが高い。。。

TOEFL ITP Section 2に必須の文法項目

では、具体的に何を勉強すればいいのですか?

まず、この8つは基本中の基本です。

TOEFL ITP Section 2に必須【基礎文法】
  • 品詞
  • 文型
  • 冠詞
  • 不定詞
  • 動名詞
  • 分詞
  • 比較
  • 接続詞

・・・中学・高校で習う文法ですよね?さすがに全部分かりますよ。

本当に?

では、これが表すのはどんな『品詞』でしょうか?お答えください。

< 冠詞+名詞+and+副詞+形容詞+名詞+of+形容詞+名詞」= ? >

・・・品詞。。副詞?それとも形容詞??

えっと。。。これって「文」ですよね??

正解は、名詞です(ofで繋がる)。

長いけれど、決して文ではありません。

TOEFL ITPで500点取るのは、思っているより難しいと思いますよ。基礎文法とはいえ、熟知レベルでないと。

なるほど。。

では、発展文法も見てみましょう。

この5つはいかがですか?

TOEFL ITP Section 2に必須【発展文法】
  • 分詞構文
  • 関係代名詞
  • 関係副詞
  • 仮定法過去
  • 仮定法過去完了

えーっと、、かなりあやふやかも。。

分詞構文ってなんだっけ。。

関係代名詞と関係副詞の違いはどうですか?

文法って、聞いたことがあるだけではダメなんですよ。

しっかりおさらいが必要ですね!

うわー、先は長そう。。。

Section 2の点が上がれば、他のセクションでもたくさん点が取れるようにもなります。

がんばりましょう!

ありがとうございます。

がんばります!!

ハッチ横浜英語教室は「TOEFL」「IELTS」に強い英語教室です。 オリジナルの『加点ポイントフォーカスメソッド』で、短期間で集中的に英語試験のスコアアップを目指せるようマンツーマンにてレッスンをおこなっています。 また、さまざまなトレーニングを通して、英語がスラスラ出てくるようになる楽しさを実感していただいています。

随時、オンライン無料体験レッスン受付中

体験レッスンを受けた方には、あなたのスコアアップに重点を置くべきポイントについてアドバイスさせていただきます。さらに、試験攻略の小冊子をプレゼント。
講師