自動詞・他動詞 気をつけたいこと

外国人

動詞の「感覚」を身につける

言いたいことがあっても、すぐ英語が出てきません!

例えば?

「話す」の場合、

talk

speak

tell..

どれがいいか、咄嗟に判断するのは難しいです。。

英語をアウトプットするときは、なるべく日本語から訳さないようにしましょう。

talkとspeak, tellは、そもそも種類が違う動詞なのですよ。

どういうことですか?

動詞には、「自動詞」と「他動詞」の2種類があるのです!

英語の動詞は、私たちが日本語で理解している意味合いとは、少し違うことがあります。

そんな時、よ~く見てみると、どうやら種類が違う!それが、「自動詞」「他動詞」です。

「自動詞」talk, speakの特徴は、目的語をつけることができないことです。

そのため、「〜に話す」にするには、「〜に」に当たるtoが必要です。

  • talk
  • speak
  • 「(自発的に)話をする・喋る・独白する」の意味
  • 例)Talk to me. / Speak to me.(私に言ってみてください。)

なるほど。

意味も、だいたい同じなのですね。

一方、「他動詞」tellは、「〜に」に当たる部分を含みます。

  • tell
  • 「(他者に)伝える・告げる・命じる」の意味
  • 例)Tell me. (私にちゃんと伝えてくれ。)

「自発的に話をする」はtalkとspeak、

「他者に伝える」はtell

と覚えておかないと、使い分けられませんね。

そうなのです。

感覚で覚えておかないと、咄嗟に出てきません。

ライティングですと、考える時間があるから良いのですが。

注意が必要な動詞

中には、自動詞と他動詞を、兼ねる動詞もあります。

代表的な例を、ご紹介しましょう。

  • 自動詞・他動詞を兼ねる動詞

increase:

自動詞「増加する」

他動詞「 ~を増やす」

decrease:

自動詞「減少する」

他動詞「~を減らす」

change:

自動詞「変化する」

他動詞「~を変える」

IELTSのライティングTask 1は、データや図表の比較。

主に、自動詞を使います。

イラスト

The portion increased between 2020 and 2021.

2020年と2021年の間に、値が増加した。(自動詞)

意味が似ているので、間違いそうです!

「自動詞」と「他動詞」の感覚を忘れないように。。

自動詞と他動詞で、意味が変わる動詞もありますよ。

  • 自動詞・他動詞で意味が変わる動詞

run:

自動詞「走る」

他動詞「~を経営する」

stand:

自動詞「立つ」

他動詞「~を我慢する」

My father runs his own company.

父は、自分の会社を経営しています。(他動詞)

意味が変わる方が、分かりやすいですね。

はい。

意味が似ている方が、「自動詞」「他動詞」の区別を忘れがち。

お気つけくださいね!

☆英語が咄嗟に出てこない方は、「自動詞」「他動詞」の区別が、明確にできていないからかもしれません。まずは、違いを理解し、それから使いこなすアウトプット力をつけましょう!

〜IELTSライティングTask 1に挑戦〜

IELTS Academic Writing Task 1『棒グラフ』

お気軽にお申し込みください。

パソコン

営業時間

平日 9:00~21:00 / 土日祝 9:00〜18:00 (お盆時期・年末年始を除く)

東神奈川教室

横浜市神奈川区西神奈川1-13-12 アーバンビル 6F ウィズスクエア横浜 内
JR京浜東北線『東神奈川』/ 東横線『東白楽』から徒歩5分/ 京急線『京急東神奈川』から徒歩8分(自転車置き場あり・近隣にイオン駐車場駐輪場あり)

オンライン

メールにて、事前に招待リンクをお送りいたします。当日リンクをクリックしてご接続ください。