【スピーキング/ライティング】英語のアウトプットが遅い人の特徴

男性

「たまにしか英語を使わない人」は要注意

ちょっとしたスピーキングのアウトプットに、すごく時間がかかってしまいます。

英語は苦手ですか?

時々TOEICを受けているし、コミュニケーションも得意なんだけどな。。

せっかく勉強されているのに、もったいないですね!

後で「もっと話せたのに!」ということが、よくあります。

なるほど。

よくある「当たって砕けろ」パターンですね。

英語はたまにしか使いません。

逆に、それが困ります!

こんな人は要注意:

  • TOEICの試験があるときだけ英語を勉強している
  • 英語はたまにしか使わない、もしくは普段ほとんど使わない
  • 英語を使うときは「なんとなく」がいつものパターン

TOEICの対策でせっかく身についた「英語の感覚」が、すっかり抜けてしまっているのです。

TOEICスコアを取ってから、勉強という勉強はしていません。。

人の記憶は、何もやらないと1ヶ月以内にほとんど忘れてしまうと言われています。

単語の意味は覚えているんだけどなぁ。。

単語の意味を知っているだけでは、アウトプットはできません。

かなりバランスの悪い状態になってしまっていますね。

普段のアウトプット練習が足りない

そういえば、通勤時間にラジオ英会話テキストや学習アプリを眺めています。

それは素晴らしいですが、

帰宅後、それを音読したりしてアウトプットしていますか?

そこまではちょっと。。

インプットした知識は、アウトプット練習やトレーニングしないと定着しませんよ。

では、簡単なアウトプット練習をしてみましょう!

例:「今朝の出来事」を英語でアウトプット

  • I woke up at seven.
  • I ate bread for breakfast.
  • I put on a T-shirt and jeans.
  • I went out for walking my dog.

短い文なのに、スラスラと出てこない。。難しい!!

  • 表現の仕方が分からない→ インプット(知識)が足りません
  • 時制を間違える→ アウトプット(練習)が足りません
  • 発音の仕方が分からない→ インプット・アウトプット両方が足りません

そもそも知識のインプットが足りないんだな。。

テキストやアプリを眺めているだけではダメか。。

細部にこだわりすぎる人も、アウトプットのスピードが遅くなります。

短期で成果を出したいなら、プロの講師にお任せするのも手ですよ!

検討します!!


ハッチ横浜英語教室は「TOEFL」「IELTS」に強い英語教室です。 オリジナルの『加点ポイントフォーカスメソッド』で、短期間で集中的に英語試験のスコアアップを目指せるようマンツーマンにてレッスンをおこなっています。 また、さまざまなトレーニングを通して、英語がスラスラ出てくるようになる楽しさを実感していただいています。

随時、オンライン無料体験レッスン受付中

体験レッスンを受けた方には、あなたのスコアアップに重点を置くべきポイントについてアドバイスさせていただきます。さらに、試験攻略の小冊子をプレゼント。

お気軽にお申し込みください。

講師