ライティングの辞書活用法

英文が正しいか不明なまま…

結構たくさんの会社員さんや経営者さんが、日本にいながら日常的に英語を使ってお仕事をしています。

 

このような方達に必要なのが、Eメールなど、英語ライティングです。

しかし、「ちょっとしたメールなのに時間がかかって仕方ない…」という悩みを抱える人が後を絶ちません。

 

まず、ライティングには、豊富な語いの知識は欠かせません。

辞書で調べたりしますが、「多分これかな…なんとなく怪しいけど」と思いながら使っています。

(学校であれだけ単語暗記したけど、残念ながら、あんまり覚えてませんよね…)

 

そして、ライティングには、正しい文法力が必要です。

「これは過去形?それとも現在完了?」などと考えながら、気づけばすごく時間がかかっている。

まあ、仕方ないか…って感じでしょうか。

 

さらには、書いたライティングをチェックしてくれる人がいないので、「これ、ちゃんと伝わるように書けているんだろうか…」という不安を抱えつつ送信。

 

こんな悪循環、繰り返しをやっている人とても多いです。

逆に時間かかる翻訳ツール

「致し方ないので、Googleなどの翻訳ツールを使おう!」

そんな人も、多いですよね?

 

ところが、すでに経験済みの方も多いと思いますが、翻訳ツールを使うとライティングは意外と時間がかかります。

というのも、怪しい直訳を見逃すわけにいかず、確認するのに時間がかかる。

 

辞書も同じです。

「辞書で調べたら単語がたくさん出てきて、どれが正しいか分からない!」

こんな人も、多いんじゃないでしょうか?

 

もっと言うと、『ライティングに役立つフレーズ集』のような市販本も、あまり役に立たない。

 

どれもいかにも役立ちそうですが、これらは、あくまで補助ツール。

補助ツールを使いこなせず、ライティングに時間がかかっている場合が、とっても多いんです。

辞書は工夫して活用

「じゃあどうすればいいんですか!?」と思う人がいると思いますが、焦っても仕方ありません。

 

まず、Google翻訳を使うのはやめましょう。

翻訳ミスの間違い探しに、時間がかかります。

 

次に、辞書を使うときは、ちょっと工夫しましょう。

単語の意味を調べるだけでなく、例文をチェックします。

 

例えば、辞書サイトWeblioの『例文』タブ。

調べた単語がどんな文章で使われるのか、一覧が載っています。

 

「これでライティングができるようになるの?」と思う人も、いるかもしれませんが、ツールや辞書に頼りきるのと、自ら進んで調べるのは全然違います。

単語は、文で理解することがとても大切!

 

自ら進んで調べれば、もう立派な自立学習。

「あ〜なるほどね〜」という体験との相乗効果で英語力が身につく可能性がかなり高くなり、次回以降のライティングが楽になってきます。

 

言語学者のクリス・ロンズデール氏も、こう言っています。

『メッセージの意味が分かったとき、無意識に言語を習得している。』

 

これをやり続けると、日本語を介さず、英語を理解することに慣れてきます。

さらにたくさんの例文を目にすることで、その内、どの単語がどんな文章でひんぱんに使われるか予測できるようになります。

悪習慣はスッパリやめる!

日本人にとって、英語のライティングは決して簡単ではありません。

でも、必要な人にとっては、もう「やらない」という選択肢はないのです。

 

英語のライティングは、日本語の文章よりもかなりシンプル。

簡単ではないけれど、そこまで難しいというわけではないので、学ばない手はありません!

 

「時短ライティングには、地道な自立学習がいちばんの近道。」

そう心に刻み、自立学習をしながらライティングをこなしていきましょう。

 

少しずつでもできるようになると、ライティングは楽しいです。

そして、ちょっとの勇気が必要。

だから、思いきってこれまでの習慣をやめてみませんか?

無料体験授業をお試し下さい

●受付時間

平日    10:00〜21:00(月火定休)
土・日・祝 10:00〜18:00
※日・祝はオンラインのみとなります

お問い合せ・ご相談も承っております。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA