[ライティング]【初級者〜中級者向け】冠詞のthe【つける?vsつけない?】【つけ過ぎ注意】

theは万能ではない!

ライティング添削をしていると、「theを使いすぎてるな。」と思うことがよくあります。

 

theには、「いわゆるアレ」の意味があります。

当たり前ですが、つける理由がない場合、theはつけられません。

 

例えば、

damageなど、一般的な不可算名詞にtheはつきません。

  • risk of damage(損害のリスク)【英辞郎 on the WEBより】

 

しかし、無意識に「risk of the damage」と書いてしまう方が、結構多いです。

 

<共通認識のthe>がつく場合は、「あの◯◯」という意味合いになります。

  • risk of the damage(あの損害のリスク)

 

不可算名詞にtheをつけるときは、十分気をつけましょう!

まずは基本を抑えよう

ライティングをしていて、「theをつけるべきか、分からない!」という場合は、よくあります。

翻訳者でも専門書を調べるかもしれないし、ネイティブでも間違えることがあるはずです。

 

というのも、theをつけるかどうかには例外もあり、完璧に理解することはできないのです。

ですので、基本的な知識を持っていれば、「100%理解できなくて当然!」と考えましょう。

 

ただし、ライティングテストでは、文法ミスが減点対象になります。

「これはtheがつくのかな?」と思ったら、a/anや無冠詞も選択肢に、再考しましょう。

 

  • ◯How bad was the damage?(どの程度の損害でしたか?)【英辞郎 on the WEBより】
  • ×How bad was damage?

※damageは、稀に可算名詞になる場合もあります。その場合は、単語の意味自体が変わります

 

ライティングする場合のtheについては、まずは基本の2点をしっかり抑えましょう!

  • <共通認識のthe>が該当するか?
  • theの有無により、単語の意味が変わってしまわないか?

 

●可算名詞・不可算名詞の違い、理解しよう!
こちらもどうぞ→[ライティング] 冠詞がいる・いらない

●無料アプリでも十分便利です!
外部リンク→英辞郎 on the WEB(アルク公式サイト)