[アカデミックライティング]【中級者向け】マインドマップでアイディア出し【ポジティブなアイディアを出そう!】

ネガティブな表現はNG!

年に数回、大学でIELTSのライティング講座を担当させていただいています。

 

「時間がかかって、アイディアがまとまらず結論まで書けない!」と悩む方はかなり多いです。

ライティングのアイディアがまとまらない原因は、いくつかあると思います。

 

まず、文化の違いのせいだと思います。

日本語は曖昧さに寛容ですが、英語はそうではありません。

  • ストレートな意見を出すことに慣れていない方
  • 深い議論をしたことない方

は、アカデミックなライティングが苦手だと思います。

 

また、考え方のせいもあります。

一般的に、学生さんは「〜しないように」などというネガティブな言い回しの方が多く、

「〜するため」のようなポジティブな表現が苦手な方が多い印象です。

 

例えば、Q.『なぜ運動するのか?』という議論に、

  • 「太らないために運動する」

のような、ネガティブな意見を書く人が非常に多いです。

  • 体と心に良いので運動をする」

のように、ポジティブな意見に変換してライティングするようにしましょう!

 

残念ながら、ポジディブな意見をライティングできない場合、スコアがあまり伸びないと思います。

単語と文法に気を回しすぎて、アイディア出しを後回しにされておられる方が、多い印象です。

マインドマップでポジティブに

まず、普段からポジティブな意見を出す練習をしましょう!

一人でも、簡単にできる練習があります。

マインドマップというアイディア出し練習です。

 

●マインドマップとは:
頭の中で考えていることを脳内に近い形に描き出すことで、記憶の整理や発想をしやすくするもの。
(Wikipediaより)

マップ状にアイディアをつけていき、一つ一つのアイディアを深く掘り下げます。

なるべくポジティブなアイディアを出すよう頑張りましょう!

例えば、Q.『なぜ運動するのか?』

  • 運動
  • しんどい
  • やる気→ポジティブ!
  • 達成→ポジティブ!
  • ダイエット
  • 好きな服が着られる→ポジティブ!
  • 自信がつく→ポジティブ!   などなど

 

「しんどい」→「やめたい」と考えた方は要注意です。

「やめたい」が出ると、もう議論はそこで終了してしまいますね。

「そこまで運動について考えたことない!」というくらい、深く議論できるようになることが必要です。

 

アカデミックなライティングに、曖昧さは厳禁です!!

マインドマップでポジティブなアイディア出しを習得し、アカデミックなライティングを攻略しよう!

 

●ライティングの文法は時制が大切です!
こちらもどうぞ→[基礎文法] 現在形くらい使いこなしたい