【初級】IELTS W Task1&2に時制の知識

留学準備英語

動詞と副詞はいつもセット

「Many people visited New Zealand in 2019.」は過去形。

「Many people have visited New Zealand since 2007.」は現在完了形。

 

このように、visitedもhave visitedも過去の出来事を表現することができますが、時制が違います。

時制が違うと、セットの副詞も異なります。

 

「ライティングの時制が難しい!」という人は、時制は、『動詞+副詞』を意識をするようにします。

…とは言え、ライティングTask 1では、あまり時制は関係ないという話も?

 

というわけで、今回は、IELTSライティングと時制についてです。

ライティングTask 1の時制

IELTSライティングTask 1は、図表やマップの説明をライティングするタスクです。

 

時制は、基本的に現在形でOK。

現在形は事実を表す時制なので、データや研究結果と相性が良いのです。

 

ただし、自動詞・他動詞の知識も必要。

rise(上がる)とraise(〜を上げる)の違いなど、あやふやな人は危険です。

 

主にTask 1では自動詞を使いますので(上がる・増える・加わる等)、よく使う動詞の知識から増やすと良いでしょう。

『ブレーンストーミング→ライティング→チェック→修正』を、20分くらいで行います。

ライティングTask 2の時制

Task 1に対し、Task 2の時制は過去形が多いと思います。

Task 2では、経験をもとに、個人の意見をライティングするタスクだからです。

 

しかし、さらなるスコアアップを目指す人は、過去形だけでは不十分。

現在完了形や過去完了形、未来完了形など、レベルの高い時制も使えるとスコアアップを期待できます。

 

ただし、初級〜中級の人が無理やり難しい時制を使うことは、お勧めしません。

まずは、現在形・過去形・進行形など基本的な時制をミスなく使い、意味の通じるライティングを心がけて下さい。

 

Task 2に使える時間は、40分程度。

ブレーンストーミングに十分時間を使い(5〜10分ほど)、文章構成をしっかり練ってから、ライティングに取りかかります。

必ず確保『チェック→修正』タイム

ライティングのスコアが上がらない人は、よく「なぜライティングだけスコアが取れないか分からない!」とおっしゃいます。

そんな方は、文章を書くこと自体に時間がかかってしまい、『チェック→修正』の時間が取れていないんだと思います。

 

『チェック→修正』をしないと、せっかく書いた40分が一瞬でムダになってしまう可能性すらあります…

5W1Hを軸に客観的なブレーンストーミングを行い、ライティング後は、最後は必ず『チェック→修正』して、時制の使い方が適切か確認しましょう。

 

その際、「一点集中の意見」でなく、「前後を比べて説得力のある意見」を目指してチェックすると良いです。

例えば、、

 

Task 1:

△「ニュージーランドの観光客は、2020年4月に減った」(過去形)

◯「2020年4月まで順調に増えた観光客が、一気に減った」(過去完了形&過去形)

 

◯の方が説得力があり、結果的に、より複雑な時制を使うことになってスコアアップも期待できます。

 

余談ですが、順接と逆接の違いを正確に理解していない人も、意外と多いです。

(順接と逆接は、接続詞で表すことができます。)

 

もし順接と逆接を誤ると話の流れが真逆になり、ライティングの回答としては致命傷…

IELTSではライティングを少し早めに終え、必ず『チェック→修正』の時間を確保しましょう。

無料体験&個別相談

「英語の悩み、お聞かせ下さい」

●受付時間
平日    10:00 - 21:00 [月火除く]
土・日・祝 10:00 - 18:00

お気軽にお問い合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA