[ライティング]【初級者〜中級者向け】アウトプットが苦手な人の特徴【基本を抑えよう!】

①ぼんやり単語を使いがち

ライティングは、日本人の悩みの種です。

ライティング「だけ」苦手という方も、すごく多いです。

 

ライティングが苦手な方は、一般的すぎる単語を使いがちです。

このような単語は英語に訳すとぼんやりしていて具体的でなく、抽象的すぎることが多いです

 

例えば、

  • 英語は役に立つ:English is convenient.
  • 英語学習は興味深い:Learning English is interesting.
  • 英語が使えると素晴らしい:Being able to use English is wonderful.

 

このようにconvenient, interesting, wonderfulのような『ぼんやり単語』を使ったライティングは、非常に雑なライティングに見えてしまいます。

そのため、もっと具体的なライティングが必要です。

 

●英語は役に立つ
いつ?どこで?

(例)「英語は世界中で通じる可能性があります。その他の言語に比べて役に立つと考えられます。なので、便利な言語と言えます。」

●英語学習は興味深い
なぜ?

(例)「小学生で始めた英会話を生かし、高校で交換留学をしました。現地では、文法ミスはあまり気にしないで良いと学びました。なので、場所を変えて英語を学習することは興味深いです。」

●英語が使えると素晴らしい
どんなふうに?

(例)「TOEFLのライティングで苦労しています。もっとライティングができたら高スコアを獲得し、アメリカ留学ができます。アメリカでは経済を学びたいです。今後MBA取得という私の夢が叶うと、素晴らしいと思います。

 

多くの場合、抽象的な単語が悪いわけではありません。

ただ説明が足りないだけのことが多いです。

②同じ接続詞・副詞・関係代名詞を使いがち

中学高校で英語の成績が良かった方は、「文法は得意!」と思っていることが多いです。

しかし、ライティングの場合、そうはいきません。

 

ライティングが苦手な人は、同じ接続詞や副詞を繰り返し使ってしまう傾向があります。

例えば、

  • もし〜なら:if→接続詞
  • 〜なので:because→接続詞
  • 〜だが:however→副詞

 

特に、同じ段落で、同じ接続詞や副詞を繰り返し使うのは避けましょう

 

また、関係代名詞も同様です。

that」を多用する方が非常に多いのですが、接続詞の「that」などと区別がついておらず、なんとなく使っている場合も多いです

 

接続詞や副詞、関係代名詞は、文と文をつなげる働きがあります。

「接続詞・副詞ばかり」「関係代名詞ばかり」でなく、時には分詞構文などを使ってバランス良いライティングをしましょう。

 

さて、あなたはいかがですか?

あなたの単語力と文法力、ぜひ見直してみましょう!

 

●関係代名詞that、使いすぎていませんか?
こちらもどうぞ→使うの難しくない?関係代名詞

●無料サンプルテストでライティングしてみよう。
外部リンク→TOEIC® Speaking & Writing Tests サンプル問題に挑戦!(EST®公式サイト)