[ライティング]【初級〜中級者向け】フォーマルなアウトプットが苦手な人の特徴とは?

①『ぼんやり単語』を使う

英語試験やEメールなどで、フォーマルなライティングが苦手な方は、一般的すぎる単語を使いがちです。

一般的すぎる単語はぼんやりしていて具体的でなく、抽象的すぎることが多いです

 

例えば、

  • 英語は役に立つ:English is convenient.
  • 英語学習は興味深い:Learning English is interesting.
  • 英語が使えると素晴らしい:Being able to use English is wonderful.

 

convenient, interesting, wonderfulは、抽象的なぼんやり単語です。

このような単語を使ったアウトプットは、『具体性』に欠けていて、非常に雑な印象です。

 

フォーマルなライティングでは、この『具体性』が非常に重要です。

例えば、

 

●英語は役に立つ
いつ?どこで?

(例)「英語は世界中で通じる可能性があります。その他の言語に比べて役に立つと考えられます。なので、便利な言語と言えます。」

 

●英語学習は興味深い
なぜ?

(例)「小学生で始めた英会話を生かし、高校で交換留学をしました。現地では、文法ミスはあまり気にしないで良いと学びました。なので、場所を変えて英語を学習することは興味深いです。」

 

●英語が使えると素晴らしい
どんなふうに?

(例)「TOEFLのライティングで苦労しています。もっとライティングができたら高スコアを獲得し、アメリカ留学ができます。アメリカでは経済を学びたいです。今後MBA取得という私の夢が叶うと、素晴らしいと思います。

 

抽象的な単語が、一概に悪いというわけではありません。

フォーマルなライティングのアウトプットが苦手な方は、「ただ説明が足りない」場合が非常に多いです。

②『同じリンカー』を繰り返す

さらに、ライティングが苦手な人は、同じリンカーを使いがちです。

リンカーとは:

  • 接続詞(if, when, althoughなど)
  • 副詞(also, howeverなど)
  • 関係代名詞(who, which, thatなど)

など、節と節をつなぐ働きのある単語のことです。

 

これらのリンカーを使うこと自体は良いですが、同じ段落で、何度も同じリンカーを繰り返し使うのは避けましょう

幼稚な印象になり、フォーマルなライティングには適切と言えません。

 

「接続詞ばかり」「副詞ばかり」「関係代名詞ばかり」のライティングも、非常にバランスが悪いです。

分詞を使う分詞構文なども取り入れて、バランスの良いライティングを目指しましょう!

 

●関係代名詞that、使いすぎていませんか?
こちらもどうぞ→使うの難しくない?関係代名詞

●無料サンプルテストでライティングしてみよう。
外部リンク→TOEIC® Speaking & Writing Tests サンプル問題に挑戦!(EST®公式サイト)