ライティングが苦手な人の特徴

日→英訳、してませんか?

英会話は、意外とすぐにできるようになります。

英語力というよりはコミュニケーションですので、ミスを気にしすぎたり、人見知りしなければ良いのです。

 

しかし、同じアウトプットスキルでも、ライティングは全く違います。

メールなどはコミュニケーション要素もありますが、ライティングは、語彙と文法がもっと難しいです。

 

「どうすれば上達するか分からない!」という状態から抜け出せず、全然スキルが上がらない人。

「テクニックやストラテジーでなんとかしてやろう!」という理由から、大事なところが抜けている人。(⇐最近、このタイプの方が目立ちます)

 

その理由は、やっぱり基礎力が抜けているからなんですね。

基礎力がないため、日本語で考えた文章を、そのまま英語に訳そうとしてしまう。

 

私の講師経験からも言えますが、このような理由で、ライティング「だけ」苦手な人はすごく多いです。

見直そう基礎①〜語彙〜

まず、ライティングが苦手な人は、語彙力がありません。

単語のバリエーションが少ないのです。

 

ライティングが苦手な人は、同じ単語ばかり使ってしまうのが特徴です。

(難しい単語を使えるかどうかは、関係ありません。)

 

それから、名詞に付く冠詞(aやthe)を、間違えて使っていることも多いです。

ライティングが苦手な人は、「なんとなく」名詞を使っているのです。

 

辞書を多様し、日英直訳になっている人も非常に多いです。

特に日英辞書は、本当に必要な時だけ使いましょう。

見直そう基礎②〜文法〜

文法力も、とても大切です。

ある程度英語ができると「文法は得意!」と思いがちですが、ライティングの場合、そうとは限りません。

 

ライティングが苦手な人は、『品詞』『能動態&受動態』『接続詞』『関係代名詞&関係副詞』を使うのが苦手な傾向があります。

これも、日本語から英語に直訳しているからだと考えられます。

 

ライティングする内容を重視しようとすればするほど正しい文法の理解が後回しになり、意味不明なライティングになってしまう。

そんな方、結構います。

 

さて、あなたはいかがですか?

    次の記事

    [IELTS&TOEFL] 社会人の受験