[ライティング] aとtheの感覚が分からない!

「なんとなく」はNG

「英語は通じればOK!」という方は、英語のルールはあまり気にしていません。

この姿勢はコミュニケーションに欠かせないので、大切にしていただきたいものです。

 

ただし、ライティングテストやビジネスメールなどは、文法ミスに気をつけて下さい。

ライティングテストでは、減点対象になります。

 

特に、『冠詞(a/anとthe)』は要注意!

「なんとなくtheかな?」のように、根拠なく感覚で使うのはNGです。

 

『冠詞』は、日本人にない「概念」。

ネイティブのように、感覚的に使うことはできないことを覚えておきましょう。

名詞に注目!

効果的に『冠詞』を使うには、名詞に注目します。

 

まず、名詞の種類を理解しましょう。

単語は、意味を知っているだけはNGですよ!

 

【名詞の種類】

●数えられる名詞
●数えられない名詞
●具体的なものの名詞

●漠然としたものの名詞 など

 

例えば、source(資源)は数えられる名詞なので、『冠詞』をつけるとa source

複数形sourcesで使うことが多いのも、数えられるからですね。

 

一方、誰もが知っている「具体的なもの」だと、the source

共通認識のtheと覚えましょう。

 

『冠詞』とは「名詞につく冠」なのです。

a/anとtheは、「名詞の前につける」ことを意識して下さい。

 

どんな種類の名詞にもつけられるため、「とりあえず…」とtheをつけてしまう方がとても多いです。

ライティングの際は、十分注意しましょう!