翻訳大喜利第2回

突然のチャットやショートメールに英語で対応

(第1回翻訳大喜利ワークショップ『英語でSNS発信する』の様子はこちら

先日、翻訳大喜利ワークショップ第2回「『英語でメッセージを送信する』を開催しました。
ご参加いただき、ありがとうございました!

参加者さんは「毎日英語が必要」という方は意外と少なく、ほぼ「英語が必要な場面は突然やってくる」という方です。

その「突然」は、ほとんどが仕事の業務。
次に多いのが、海外旅行での現地対応です。

翻訳大喜利第2回

語彙も文法もいいとこ取りの翻訳大喜利

「ビジネスEメールのみならず、英語のチャットやショートメールにも時間がかかる・・・」という人が多いようです。ビジネスEメールといっても、「先日の資料の件、お願いします。」など、短い文章を送信することがほとんどでしょう。

Google翻訳を使うものの、翻訳ミスに気づいてしまう。
今度は、そのミスを訂正するのに、時間がかかります。

ただ、英語のメッセージは、「長く」「じっくり」でなく、「短く」「素速く」送信する機会のほうが多いのです。わざわざGoogle翻訳を使うほどでもないものも、多いでしょう。

そこで、”パパッと翻訳”する翻訳大喜利が役立ちます。
短文を、時間をかけず翻訳するのが、翻訳大喜利です。

翻訳大喜利では、よく使う語彙と文法が復習できます。
英語が苦手な初級の方でも、最低限の知識で実践できます。

また、「英検やTOEICスコアは取得済みだけど、英語のアウトプットに自信がない」という中級以上の方にもおすすめです。今ある知識だけで、英語をアウトプットするいい練習になるからです。

英語メッセージを「短く」「素速く」送信するには

英語を習得したい方に圧倒的に多いのが、「英語が必要なとき、すぐ対応できない」という悩みです。
その原因は、日々の生活で、英語をアウトプットする機会が少ないからです。

多くの生徒さんから、「せっかく英語学校に通って勉強したのに、使わないので忘れる」という声をかなり聞きました。アウトプットする機会がないと、英語はどんどん忘れてしまいます。

英語力を維持するために、少しでも毎日英語をアウトプットする機会を作りましょう。
例として、オンライン英会話やSNS投稿です。スケジュール帳のメモでも構いません。

語学の習得には、地道に努力することは当然ですが、工夫が必要です。
ハッチ横浜は、英語ラーナーの皆さんが、なるべく楽しく英語をアウトプットするお手伝いをしていきたいと思っています。

体験授業を受けてみませんか?

ハッチ横浜では無料の体験授業をおこなっております。

【時間】
平日 11:00 - 最終受付 19:00
土日祝 11:00 - 最終受付 17:00
(月曜日定休)

【場所】
東神奈川教室(JR京浜東北線東神奈川駅、東急東横線東白楽駅から徒歩約5分)
関内教室(JR根岸線関内駅から徒歩約3分)
※場所は日時により異なります。詳しくはお問い合わせください。