【基礎文法】2種類の「もし〜なら」【実現する or 実現しない】

実現する予定の「もし〜なら」

英語の「もし〜なら」の表現は、2種類あります。

 

一つが、実現する予定の「もし〜なら」です。

例えば、

もし彼女が早めに来たなら、ここで待つように言ってください。

If she comes early, tell her to wait here.


面接は早めに来るのが当たり前

 

この場合、

「もし彼女が早めに来たら」

現実する可能性が高い

 

となり、近い未来に、実現するであろうことを表現しています。


こんな人はいない

 

これは単なる未来形の表現ととらえ、

「万が一、彼女が早めに来たら」という「実現の可能性が低い」表現とは異なります。

実現しない「もし〜なら」

もう一つは、実現しない「もし〜なら」です。

例えば、

もしもっと税金を払うなら、環境に役立つことがなんでもできるかもしれない。

If we paid more taxes, anything useful could be done for the environment.


少し壮大なお話

 

この場合、

「もしもっと税金を払うなら」

実現の可能性が低い

となり、近い未来には、実現できないことを表現しています。

 


現実性に欠ける

 

その場合、これは仮りの話であるととらえ、【仮定法過去】と呼ばれる文法を使います。

構文は

【仮定法過去】「〜できるかもしれない」

If + S + 動詞の過去形, S’ could (would/might) + 動詞の原形.  

or

S could (would/might) + 動詞の原形 if + S’ + 動詞の過去形.

となり、

時制を一つ過去へずらすので、現実性に欠けることを表すことができます。

シンプルに「事実」で表す

ぜひ覚えておきたいのが、

「近い未来に実現できない」という表現は、

「事実」で言い換えることができるということです。

例えば、

もしもっと税金を払うなら、環境に役立つことができるかもしれない。
(近い未来に実現できない)

税金を増やさないので、いまだ私たちの社会はエコフレンドリーから程遠い。
(事実)

Because raising tax is difficult, our society is still far from environmental friendly.

 

このように、

「もし〜なら」という文は実際には仮定法過去を用いず、シンプルに「事実」を表現することの方が多いです。

 

「〜してもらってもいいですか?」

「〜となりますがいかがでしょう。」

など、

日本語は、非常に遠回しな表現が多い言語ですが、

英語の場合は逆で、

「事実」を率直に語る表現が多いです。

 

英語をアウトプットする際には、どちらが簡単か言うまでもないでしょう。

 

例えば、

  • Maybe she will be here early.(多分、彼女は早く来るでしょう。)

  • Our society is not environmental friendly.(私たちの社会は、エコではありません。)

など。

 

「もし〜ならば」という表現を使う時、まずは「事実」で表すことに慣れましょう

 

最後に、

スピーキングやライティングで使う場合に限らず、

「もし〜ならば」には2種類あるということは、理解しておかなければなりません。

 

リーディングでは、

助動詞のcould, would, mightを見つけたら「仮定法だ!」と思って下さいね。

 

ハッチ横浜英語教室では、初級者さん、英語が苦手な方も安心のマンツーマンレッスンを行なっております。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

〜こちらもどうぞ〜

過去完了って使わないとダメ?