【基礎文法】冠詞の「the」使いすぎていませんか?【いつつける?】

theは万能ではない!

theには、「いわゆるアレ」の意味があります。

もちろん、つける理由がない場合はつけられません。

 

例えば、

一般的な意味で名詞を使う場合、theはつきません。

  • risk of damage(損害のリスク)【英辞郎 on the WEBより】

〜名詞は複数意味を持つものがあります。不明なときは必ず調べましょう!〜
外部リンク→英辞郎 on the WEB(アルク公式サイト)

「損害のリスクがあるから保険に入ろう!」

 

一方、

<共通認識のthe>がつく場合は、「あの◯◯」という意味合いになります。

  • risk of the damageあの損害のリスク)

「あの事故のダメージで後遺症残らなかった?」

 

theが「ある」「ない」で、単語の意味が変わります。気をつけましょう!

基本を抑えよう

しかし、ライティングやスピーキングで、「theをつけるべきか、分からない」ということはよくあります。

翻訳者でも専門書を調べますし、ネイティブでも間違えることがあるはずです。

 

というのも、theをつけるかどうかには例外もあり、完璧に理解することはできないのです。

ですので、基礎知識があれば、「100%理解できなくて当然!」と考えましょう。

 

ただし、ライティングテストでは、文法ミスが減点対象になります。

「これはtheがつくのかな?」と思ったら、a/anや無冠詞も選択肢に、再考しましょう!

 

  • ◯How bad was the damage?(どの程度の損害でしたか?)【英辞郎 on the WEBより】
  • ×How bad was damage?

 

theを名詞につけるかつけないかについては、まずは基本の2点をしっかり抑えましょう!

  • <共通認識のthe>が該当するか?
  • theの有無により、文全体の意味が変わってしまわないか?

 

ハッチ横浜英語教室では、英語初心者さんや英語が苦手な方も安心のマンツーマンレッスンを行なっております。

どうぞお気軽にお問い合わせください。