【発展文法】過去完了って使わないとダメ?【過去形との違い】

①「過去より過去」の場合

<過去完了>は過去形とどう違うのか?いまいち理解しておられない方は多いかもしれません。

特に、ライティングやスピーキングでは、どちらを使うのか迷ってしまうと思います。

 

<過去完了>も過去形の仲間ではありますが、

まず

「過去よりも過去」を表す

ことを理解しましょう。

 

例えば、

●「外に出たら、タクシーが到着していた。」

  • When I went out, the taxi had already arrived.

「タクシーが先」

 

タクシーが到着したのは、「外に出た」よりも過去(先)

ですので、「到着していた」は、<過去完了>です。

 

一方、こんな場合は、過去形です。

●「外に出た時、タクシーが到着した。」

  • When I went out, the taxi arrived.

「タクシーも同時」

 

このように、<過去完了>は過去形とは、ちょっとニュアンスが違います。

過去形に比べると使用頻度は少ないですが、

  • ライティングテスト
  • Eメールライティング
  • リーディング読解

では、読み手に、より詳しく言いたいことを伝えるため<過去完了>を使うこともよくあります。

ぜひ理解しておきましょう。

②「いつ?」を限定しない場合

しかし、「過去よりも過去」だけが、<過去完了>だけではありません。

 

「いつ?」を限定しない場合

も、<過去完了>です。

 

例えば、

●「中学生の頃、3年間名古屋に住んでいた。」

  • When I was in junior high, I had lived in Nagoya for three years.

「3年間ずっと継続」

 

「中学生の頃」と「住んでいた」は同時期ですが、3年間の「いつ?」を限定しない継続です

ですので、「住んでいた」は、<過去完了>です。

 

一方、こんな場合は、過去形です。

●「中学生の頃、名古屋に引っ越した。」

  • When I was in junior high, I moved to Nagoya.

「引っ越しという動作を行った」

 

liveが状態を表す一方、moveは動作を表します。

<過去完了>と過去形の区別があやふやな方は、

動詞の種類にも注目しましょう。

 

さらに、

時を表すfor 〜(〜の間)は<過去完了>(完了形)と使う表現です。

 

ライティングテストでは文法ミスが減点対象になるため、時制ミスは避けたいものです。

(ビジネスライティングでも、文法ミスはちょっとカッコ悪いですよね。)

2種類の<過去完了>を理解し、ぜひライティングやリーディング読解に活用しましょう!

 

ハッチ横浜英語教室では、英語初心者さんや英語が苦手な方も安心のマンツーマンレッスンを行なっております。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

〜英検2級のリーディングにチャレンジ!〜
外部リンク⇨『2級の過去問・対策』(日本英語検定協会)