【基礎文法】a/an theがいる VS いらない【ライティング】

『冠詞』がいる

a/anやtheといった『冠詞』は、ライティングには欠かせない知識です。

しかし、日本語にないルールなので理解しにくい場合も多いです。

 

まず、『冠詞』はどんな名詞につくのか、基本を理解しましょう。

【a/anの場合】

  • 可算名詞につきます。
  • an apple

「りんごが1つ」

 

【theの場合】

  • 可算名詞と不可算名詞、両方につけることができます。
  • 【可算名詞】the apple
  • 【不可算名詞】the damage 

「その(食べられてしまった)りんご」

「あの(事故の)損害」

 

ただし、「河川名にはtheがつくが、山の名称にはつかない」など、theは固有名詞のイメージと重なる場合があります。

このような例外はありますが、少ないので別途覚えましょう!

「『the+名詞』と『固有名詞』は感覚的に近い」

 

〜無料サンプルでライティングしてみよう〜
外部リンク⇨TOEIC® Speaking & Writing Tests サンプル問題に挑戦!(EST®公式サイト)

『冠詞』がいらない

『冠詞』がいらない、無冠詞の場合もあります。

 

冠詞は、つかない場合の方が少ないです。

そのためとても間違えやすいので、無冠詞かどうかは、十分考えてライティングすることが必要です。(なんとなくtheをつけてしまわれる方が多いです!)

 

【無冠詞の場合】

  • 可算名詞の複数形
  • Apples are good for health.

「りんごというもの」

 

  • 不可算名詞で、かつ「それ・あれ」が当てはまらない名詞
  • full of water

「the bucket with full of water = 水でいっぱいの(その)バケツ」

 

  • 固有名詞
  • Mt. Fuji

 

ただし、共通認識が当てはまらない場合でも、in the air(空中に)のようにtheがつく場合があります。

例外は数少ないので、別途覚えると良いでしょう。

「冠詞がいるかどうか、分からない!」という場合は、アプリやウェブで、例文をサッと調べましょう。

この一手間が、あなたの英語力をアップさせます!

 

ハッチ横浜英語教室では、ライティング初心者さんや英語が苦手な方も安心のマンツーマンレッスンを行なっております。

どうぞお気軽にお問い合わせください。