主語と目的語、違い分かってる?

限界あり…暗記で単語対策

「いざ話すとなると、英語が出てこない!」

「言ってることはなんとなく分かるんだけど、返事ができない!!」

そんな悩み、多いのではないでしょうか?

 

ほとんどの場合、こんな方はボキャブラリが不足しています。

すると、「やっぱり暗記しかないかなぁ…」と考える人もいるでしょう。

 

確かに、暗記をすれば知識は増えます。

でも、知識ばかり増えて、使いこなせるようにはなりません。

 

覚えた単語を使いこなせるようになるには、名詞のバリエーションが欠かせないと思います。

名詞は、英語の『文型』と深い関係があるからです。

SとCとO、入れる位置は?

『文型』のSとCとOには、名詞を入れられます。

Vは動詞であることを考えると、「英単語のほとんどは名詞か動詞」と言っても過言ではないかもしれません。

 

つまり、名詞を並べれば、たどたどしいながらも、なんとなく英語は伝わるのです。

そう考えると、赤ちゃん言葉って、日本語でもそんな感じかもしれませんね。

 

ところで、SとCとOの違いは一体なんなのでしょうか?

正解は、「SはVの前、OはVの後」。

 

「そんな簡単なこと!?」と思う人が多いですが、これが基礎の基礎。

このような基礎を理解していないと、使いこなせる持続可能な単語力はつきません。

挫折ポイント『文型』

ところで、『文型』で挫折した人って結構多いと思います。

逆に、SVとかSVOとか知っていても、詳しいことを人に説明できるほどで熟知している人は、すごく少ないです。

 

日本の学校は、英日(日英)訳ありきで英語の授業を進めるため、そこまで『文型』の大切さは説明されません。

大学の授業でアンケートを取ると、「もっと日本語訳をやって欲しかった」と書く生徒さんが、たくさんいます。

 

よくよく聞いてみると、形容詞と副詞の違いも、よく知らない。

だから、複合名詞に形容詞がくっついているだけで、もうパニックです。

 

中学や高校でも、「基礎文法を知らないなら、塾に行くなり独学するなり自由にやってくれ」という授業が多いと思います。

結果、『文型』で挫折した人は、独学でできる日本語から英語に訳す勉強に逆戻り…

 

そう考えると、「形容詞と副詞すら理解していないのに、主語と目的語の違いなんか分かるはずない…」そう思った人って、結構いるんじゃないでしょうか?

大事なのは文型より『品詞』

まず、主語と目的語には名詞が入ります。

ただし、名詞と言っても『形容詞+名詞』かもしれないし、『名詞+名詞+名詞(複合名詞)』かもしれません。

 

文中、どこに動詞(V)があるのか探し出し、

●Vの前に、主語(S)

●Vの後ろに、目的語(O)

を、見つけ出します。

 

特に、workのように複数の『品詞』の働きを持つ単語は、『文型』を熟知していないと文脈を理解できません。

よく目にする名詞と動詞から覚え、日本語を介さない英語力を身につけていきたいものです。

無料体験レッスン

50分レッスンを無料で体験していただけます。
お気軽にお問い合せ下さい。

●受付時間

平日    10:00 - 21:00 [月火定休]
土・日・祝 10:00 - 18:00

●アクセス

【オンライン】
パソコンやタブレットでオンライン受講できるツールZoomを使用します。

【対面】
横浜市神奈川区西神奈川1-13-12 アーバンビル 6F ウィズスクエア横浜 内(近隣に自転車置き場あり)JR京浜東北線『東神奈川駅』東横線『東白楽駅』から徒歩5分/京急線『仲木戸駅』から8分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA