過去完了形って使わないとダメ?

基本時制のイメージ

●過去の投稿から→『現在完了形って使わないとダメ?』

 

英語の文法は、ルールです。

そのルールは、すご〜く合理的にできてます。

 

接続詞は「+」だし、

関係詞は「−」だし、

文型なんかもうパズルだし。

 

時制にもルールがありますが、

慣れてしまえばどうってことありません。

 

●現在形→「ふだん」のイメージ

●過去形→「済んだこと」のイメージ

●未来形→「まだのこと」のイメージ

 

ルールなんだけど、

絶対じゃなく、

大体のイメージでOK。

 

ルールって、

あまり深く考えないことも大切なんですよ。

過去完了形で表現できるイメージ

過去完了形は、『済んだこと』+『いつか限定できない』イメージです。

 

※イメージして下さい。

●「店出たら、もうタクシー来てた。」

→『済んだこと』+『いつか限定できない

 

●「中学生の頃、3年間くらい名古屋に住んでた。」

→『済んだこと』+『いつか限定できない

 

『済んだこと』が過去形のイメージ

『いつか限定できない』が完了形のイメージ、というわけですね。

完璧を目指さない♪

ルールは、絶対ではありません。

なので、過去完了形は、ただ『済んだこと』のイメージでもOKなのです。

 

だから、過去完了形は無理に使わず、過去形でもOK!

特に会話では、過去完了形と過去形の違いは、ほぼないんですよ。

 

その証拠に、規則変化動詞の『過去形』と『過去分詞形』って、全く一緒ですもんね〜。

ほら、文法、合理的。

 

私は英語の文法が大好きです。

日本人からすると、英語圏の文化を表しているようで、なんかおもしろいです。

 

レッスンでは、どの内容の授業でも、文法のお話をちょくちょくします。

「へ〜〜知らなかった。おもしろい!!」と生徒さんには好評でうれしいです♪

 

〜〜〜ハッチ横浜の文法攻略レッスン〜〜〜

単語&文法解釈

無料体験レッスンお申込み

お気軽にお問い合せ下さい。

●受付時間

平日    10:00 - 21:00 [月火定休]
土・日・祝 10:00 - 18:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA