[必須文法]【初級〜中級者向け】分詞構文って使わないとダメ?【接続詞と使う副詞節との違い】

分詞構文とは

分詞には「形容詞」の働きがあります。

これは、以前ブログに投稿しました。

→(●『そもそも分詞って何?』

 

ところが、分詞構文になると分詞は文の最初などに置かれ、

分詞を使った部分全体が「副詞」の働きに変わります。

 

【分詞構文を使った副詞節】

  • 「〜するとき」

→ <時>を表す副詞の働き

例:「夕飯を食べる時、私は父と話しをする。」

→ Eating dinner, I talk with my father.

  • 「〜なので」

→ <原因・理由>を表す副詞の働き

例:「寒いので、私は家の中に入った。」

→ Feeing cold, I went into the house.

  • 「〜しながら」

→ <付帯状況>を表す副詞の働き

例:「目をつぶって、私は彼の話を聞いた。」

→ With my eyes closed, I listened to him.

 

形容詞になったり副詞になったり。

「なんだか分詞構文ってややこしい!」と思っておられる人も、多いのではないでしょうか?

なぜ分詞構文がいる?

ところで、なぜ分詞構文を使う必要があるのでしょう?

 

そもそも、英文は分詞構文を使わず、接続詞を使って表すことができます。

ややこしい分詞構文よりも、その方が分かりやすい気がしますよね。

 

【接続詞を使った副詞節】

  • 「〜するとき」

→ <時>を表すwhen

例:When I eat dinner, I talk with my father.

  • 「〜なので」 → <原因・理由>を表すbecause

例:Because I felt cold, I went into the house.

  • 「〜しながら」

→ <付帯状況>を表すand

例:I closed my eyes and listened to him.

 

ですので、「分詞構文って、いつ使うの?」と思われるかもしれないのですが、、、

 

その理由は、「分詞構文を使う英文は、接続詞を使う時より短いから」なのです。

短くなる分、文法も複雑でややこしくなってしまうというわけなのですね。

 

しかし、英文の基本は、

『短い=フォーマル』

その点、リーディングやライティングでは少しフォーマルで堅苦しい言い回しが多いので、分詞構文が非常に役立ちます。

 

英語試験のリーディングやライティング、

お仕事でのEメールやレポートのリーディングやライティングでは分詞構文を使いこなし、

ぜひフォーマルな英文への理解を深めましょう!

 

●ベストセラーテキストシリーズ「分詞」についての動画です
外部リンク→『ひとつひとつわかりやすく。授業用動画』(GAKKEN)