冠詞がいる、いらない

暗記じゃ使えない『冠詞』

「暗記だけじゃ、英語は使えない!」と言います。

まさにそれって、aとかtheといった『冠詞』のことです。

 

というのも、『冠詞』は、日本語に訳せない場合があります。

なので、日本人の感覚ではなかなか理解が難しいのです。

 

aとかtheは、いらない時もありますよね?

ライティングなどで『冠詞』で困った経験がある人って、けっこう多いんじゃないでしょうか?

『冠詞』の基本ルール

もちろん、『冠詞』には意味があります。

 

aがいるのは、可算名詞。

「一つの」という意味なので、数えられる名詞というわけですね。

 

theは「いわゆるアレ」のような意味を持ち、「共通認識のthe」とも言います。

可算名詞と不可算名詞、両方につけることができます。

 

では、『冠詞』がいらないのは?

 

可算名詞でも、複数形には『冠詞』はつかないことがあります。

不可算名詞で、かつ、共通認識が当てはまらない名詞にも、冠詞はいりません。

 

これが、『冠詞』の意味、基本ルールです。

暗記じゃなく辞書を活用!

ところで、ライティングの添削をしていると、theを使いすぎている人がすごくいます。

特に、不可算名詞にtheをつける人が多いです。

the damageとかthe air pollutionとか。。

 

「なぜこの名詞にtheをつけたんですか?」と聞くと、だいたい皆さん「なんとなく」と言われます。

テストでは文法ミスは減点対象になりますので、「なんとなく」はダメですよ!

 

「これはtheがつくのかな?」と思ったら、あなたのライティングを、もう一度読み返して下さい。

その名詞、共通認識、当てはまりますか??

 

また、「同じ単語でも、可算のときもあれば不可算のときもありますよね?分かりづらいんですけど。。」という人もいます。

 

はい。

damageはdamagesとなる場合もあります。

damageという名詞は、可算名詞と不可算名詞では、意味が違うからです。

 

ほとんどの名詞は、一つじゃなく、いくつか意味があります。

このような場合は、辞書で調べるしかありません。

 

電子辞書じゃなくても、アプリやウェブ検索でOK。

この一手間が、あなたの英語力をアップさせます。

 

ぜひ、辞書を活用して下さい!