分詞構文の呪い

やったっけ?覚えてない…

『分詞構文』は、日本人にとって難しい文法です。

なので、学生時代英語が苦手だった人にとって、『分詞構文』は英語の挫折ポイントだと思います。

 

理解していないので、応用できない。

応用できないから、使えない。

使えないから、覚えていない。

挫折ポイントになるのも、無理ないですよね。

 

英語の場合、知らない間に、難しい文法を使った文章を目にしている場合があります。

というわけで、今回は、「難しい文法・『分詞構文』を振り返り、ぜひ復習していただきたい!」と思います。

呪い①:やったのに忘れてる

「『分詞構文』って、いつ学校でやりましたっけ?」という人が結構います。

学校にもよりますが、高校の英Iとか英IIとかで、詳しく習うと思います。

 

『分詞構文』とは、中学で習う『現在分詞』と『過去分詞』を使った構文です。

『現在分詞』は、現在進行形で(中1)。

『過去分詞』は、受動態で(中1〜2)。

 

『分詞構文』を忘れている人は、「中学で習ったアレの延長」であることを確認して下さい。

それでも思い出せない人は、そもそも『現在分詞』と『過去分詞』のことをよく理解していない可能性があります。

呪い②:分かりにくい例文

今はそうでもないようですが、昔の教科書に出てくる例文は、とにかくナンセンスなものが多かったんです。

 

「雨が降っているので、歩いて学校に行った。」

【分詞構文】
Being rainy, I walked to school.

 

「部屋を掃除するように言われたので、一日中家にいた。」

【分詞構文】
Having been told to clean my room, I stayed home all day.

 

このような、高校生のつぶやきみたいな文に、分詞構文は使いません。

もっとアカデミックだったり、ビジネスで使う文によく使われる発展文法です。

 

このように、教科書の例文は、分かりにくいのです。

『分詞構文』の例文は、「参考まで」の例文ということを忘れずに!

呪い③:暗記に頼ってきた

教科書の例文を暗記し、「よし、これで『分詞構文』は理解した!」と思わないでいただきたいのです。

『分詞構文』は、暗記では理解できません。

 

②であげたように、『分詞構文』の例文は、あくまで「参考まで」の例文です。

本当に『分詞構文』を理解したければ、アカデミックだったり、ビジネスで使う文を読みながら理解しなければなりません。

 

独学(=暗記)では、なかなか理解できない『分詞構文』。

 

ですが、リーディングとライティングには、不可欠な発展文法です。

どうしても独学で理解したい人は、『分詞構文』を使った文を読んだり、自分で使って書いたりできるか試してみましょう。

呪いを攻略するために!

『分詞構文』に呪われているあなた。

あなたに大切なのは、「自分に必要な文法を、本当に理解しているか?」ということです。

 

疑問が出てきた時こそ、呪いを攻略すべき時!

今すぐ、できることから始めましょう!!