TOEIC対策

ベストセラーと公式テキスト

仕事柄、けっこう頻繁に、本屋の英語コーナーに行きます。

特にTOEIC対策の本棚には、驚くほどたくさんのテキストが並んでいます。
そして、必ずと言っていいほど、「いったいどれを選べばいいのか・・・」と困っている英語ラーナーと思しき人がいます。

私は、いつもこう声をかけたくてたまりません。

「新書より、ベストセラー!」
「人気より、公式!」

長く愛されているテキストには、やはり、それなりの理由があるのです。

初心者の悩み1位「ボキャブラリ」のテキスト

日本語は、ひらがな・カタカナ・漢字・ローマ字を使い分ける言語です。
多くの日本人は、話したり聞いたりからより、”見て”理解することの方が得意です。

一方で、英語は、たった26個のアルファベットを組み合わせる言語です。
見たり書いたりするより、”聞いて”理解する言語と言えます。

英語は、一見似たような単語でも意味が全く異なったりするので、日本人がボキャブラリを覚えるのは至難の技です。

おまけに、英語の発音は、母音だけで25くらいあると言われています。
つまり、ボキャブラリは意味を覚えるだけでなく、”聞いて”理解しなければならないという難しさもひそんでいるのです。

そんなボキャブラリのためのテキストは、あなたが『目タイプ』か『耳タイプ』かによります。
『目タイプ』の場合は、文章で覚えるタイプ。
『耳タイプ』の場合は、音声で覚えるタイプのテキストを選ぶと良いでしょう。

あなたは『目タイプ』?それとも、『耳タイプ』?

まず、自分が『目タイプ』なのか、『耳タイプ』なのか、知りましょう。
「どっちも苦手だなぁ〜」という初心者さんは、「どちらかと言えば、好きな方」を選んでください。

『目タイプ』は、主に暗記や文法が得意な人です。
インプットタイプとも言えます。

『耳タイプ」は、主に発音や英会話が得意な人です。
アウトプットタイプとも言えます。

自分のタイプにより、ボキャブラリ対策は暗記から始めるか、発音から始めるか決めましょう。

暗記から始める場合、文章で覚えるタイプのテキストがおすすめです。
発音から始める場合は、音源がダウンロードできるものが良いでしょう。

何はともあれ「始めること」が大事

「何からやろうかな〜・・・」と考えているだけでは、TOEICのスコアは取れません。

本屋でテキストの実物を見て、気に入ったものを購入しましょう。
迷ったら、ベストセラーや公式テキストがおすすめです。

それにしても、TOEIC対策のテキストは本当に多いです。

TOEIC対策のテキストが本屋にたくさん売っているのは、TOEICのテスト自体が人気だからです。
もちろんベストセラーや公式テキスト以外にも良いテキストはありますが、実物を見ないでネットのレビューだけ見て買うと、テキスト選びは失敗すると思います。

自分のタイプを知って、お気に入りのテキストを見つけたら、とことんやり続ける。
もしそれでも「できない!」という場合は、頼れる講師を見つけて二人三脚で対策をすると良いでしょう。

無料体験授業

【受付時間】
平日 11:00 - 最終受付 19:00
土日祝 11:00 - 最終受付 17:00
※空き情報は『お知らせ【無料体験】空き情報』のページをご覧ください。

【場所】
東神奈川教室(JR京浜東北線東神奈川駅、東急東横線東白楽駅から徒歩約5分)
関内教室(JR根岸線関内駅から徒歩約3分)
※平日・土曜日は東神奈川教室、日曜日・祝日は関内教室になります。