[TOEIC] データ処理能力とマネジメント力

トップページ

データ処理する集中力

TOEIC L&Rは、計200問を120分で解くテスト。

集中しないと、簡単にスコアを落としてしまいます。

 

まず、TOEICで大事なのは、単語です。

ビジネス単語がたくさん出ますし、パッセージや設問の速読みにも欠かせません。

 

また、文法力も、スコアを左右します。

「TOEICは、Part 5(文法問題)でスコアを取る!」とも言いますよね。

 

さらに、データ処理能力が高い人は、ハイスコアを狙うことができます。

問題パターンや設定場面などを即座にイメージできたり、話の文脈をとらえるスピードが速い人には、とても有利です。

マネジメント力でスコアUP!

TOEICは、英語力はもちろん、データ処理能力を問われるテストです。

ですので、スコアを取ると、就活や転職に有利なのは当たり前ですね。

 

TOEICでは、タイムマネジメントも非常に重要です。

当たり前ですが、暗記をしたからといって、テストのスコアが取れるわけではありません。

 

「テスト時間を、どう使うか?」

これが、スコアに表れます。

 

「TOEICは、ビジネス英語の力を測るテストじゃないの?」と安易に思うなかれ。

TOEICは、奥が深〜いテストです。

 

スコア獲得までのタイムリミットを設定し、今すぐ対策を始めましょう!