[TOEIC®リスニング] 生徒さんのお話 11

なんとなくの理解

TOEIC®対策を受講いただいたKさんです。

英会話はできるけれど、「リスニングはいつもなんとなく理解している」というお悩みがありました。

 

TOEICのリスニングは、Part 1(写真描写問題)、Part 2(応答問題)、Part 3(会話問題)、Part 4(説明文問題)です。

 

Kさんのように英会話ができる方は、Part 1とPart 2は問題ありません。

しかし、Part 3とPart 4では、設問と選択肢を「読む」マネジメントも必要なので要注意です。

 

Part 3では、放送で『声のトーン』を聞き分けヒントにすることができます。

一方、Part 4は『声のトーン』を聞き分けられない場合があるので、より事前の「読む」が大切です。

基礎力の見直し

TOEICリスニングでは、Part 4が苦手な方が多いです。

Kさんも、放送中盤あたりが聞き取れないため、「自信を持って答えを選べない」という不安がありました。

 

Part 4で、「答えを絞る決め手に欠ける!」という方は多いのではないでしょうか?

Kさんのように、ある程度リスニングができる方にとっても、Part 4のリスニングは難しいと思います。

 

レッスンでは、基礎力を見直し、リスニング強化のトレーニングを行いました。

音読とシャドーイングは、耳を鍛え、英語を英語で理解する英語脳に近づけます。

 

また、自信を持って聞けるようになるための「読む」練習も実施させていただきました。

知らない単語が出てきても慌てないよう、TOEIC特有の表現に注意しましょう。

 

リスニングセクションがうまくいくと、続くリーディングセクションでも力を発揮できます。

今後ますますのご活躍、陰ながら応援しております!