生徒さんのお話 10〜TOEIC®リスニング Part 4

英会話はできるけれど…

リスニング&シャドーイングのレッスンを受講いただいた生徒さんのお話です。

Jさんは、企業にお勤めの会社員。

オンライン授業にお申し込みいただきました。

 

実は、英会話ができるJさん。

ホームステイの経験もあり、継続して英語学習をされているので、とてもきれいな英語でお話されます。

 

しかし、英語の実践に関しては、「なんとなくしかできていない」という実感がおありでした。

このようなケースは、Jさんのように英会話ができる方に多いです。

 

原因としては、

・語彙不足
・文法の理解不足
・トレーニング不足

…などが挙げられます。

 

つまり、より深い語彙と文法の知識、そして、トレーニングが必要なのです。

特にJさんの場合、年内に受験予定のTOEICリスニングに加えて、文法とトレーニング強化を重視してレッスンを行いました。

TOEIC Part 4の難しさ

TOEICリスニングには、4つのPartがあります。

Part 1(写真描写問題)、Part 2(応答問題)、Part 3(会話問題)、そしてPart 4(説明文問題)です。

 

Jさんのように英会話が堪能な方は、Part 1とPart 2においては、心配ありません。

Part 1は全問正解、Part 2も、持ち前の知識とセンスで高スコアが取れるでしょう。

 

Part 3は、3つの設問をあらかじめ先読みし、放送に備えます。

実際に放送を聴くときには、『声のトーン』を聞き分けヒントにすることができます。

 

一方で、「どうしてもPart 4が苦手!」という方がとても多いです。

Jさんの場合、放送中盤あたりの内容が聞き取れないため、「確信を持って、正解を選べない」という不安がありました。

 

というのも、Part 4の放送は、話し手が一人。

出題スタイルは、会話問題のPart 3と同じで「放送一つに設問3つ」ですが、話し手一人のPart 4では『声のトーン』で内容を把握することが難しいのです。

 

そのせいで、「正解はコレだ!」という決め手に欠けます。

実際に、選択肢は二つにまで絞れる人は多いのですが、「最後の最後に解答を変えたら、不正解だった…」という方も多いのではないでしょうか??

 

改善策としては、上で挙げた「語彙不足」「文法の理解不足」「トレーニング不足」の他に、

・放送される文章構成を聞き取る知識
・森問題(説明文の主旨) vs 木問題(主旨の詳しい説明)の分別する力
…などが挙げられます。

 

このように、ある程度リスニングができる方にとっても、Part 4のリスニングは難しいと言えます。

「読む」と「聞く」のマネジメント

さらに、Part 4は、設問や選択肢を「読む」ことが不可欠です。

 

つまり、リーディング力も必要ということ。

そのため、ビジネスシーンで使われる語彙や文法の知識が十分でない方は、Part 4でスコアが取りづらいです。

 

普段は、英語を使う環境にいないJさん。

今回のレッスンでは、発音改善とシャドーイングなどのトレーニングを、コツコツと重ねていきました。

 

また、Part 4の「読む」を攻略するために、スクリプトのスラッシュリーディングなどを加えて丁寧にやっていただきました。

このような「聞く」ためのトレーニングは、「自信を持って解答できない…」から脱出するためには不可欠です。

 

TOEIC受験を控えているJさんにとっては、Part 3対策にも役立ちます。

レッスン内のトレーニングだけでなく、おうちでできるトレーニングも、課題として多く出しました。

 

コロナ以降、TOEIC受験は、抽選となってしまいましたね。

晴れて自由に受験できる日が来るまで、引き続き、語彙&文法、そしてトレーニングを重ねられることを願っています!

無料体験レッスン

50分レッスンを無料で体験していただけます。
お気軽にお問い合せ下さい。

●受付時間

平日    10:00 - 21:00 [月火定休]
土・日・祝 10:00 - 18:00

●アクセス

【オンライン】
パソコンやタブレットでオンライン受講できるツールZoomを使用します。

【対面】
横浜市神奈川区西神奈川1-13-12 アーバンビル 6F ウィズスクエア横浜 内(近隣に自転車置き場あり)JR京浜東北線『東神奈川駅』東横線『東白楽駅』から徒歩5分/京急線『仲木戸駅』から8分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA