英語読解

英語が得意な人も読解は苦手

大学が後期に入り、IELTSやTOEFL®の授業をする機会が増えました。

「異文化に興味があり、語学留学や交換留学を目指したい。」という学生がIELTSやTOEFLの対策授業を受講するため、ほとんどの学生が英語好きで、わりと英会話や文法が得意です。

中には、そうでない学生もいます。

「英語力は役に立つから、勉強してみよう」
「友達が受講するから、自分も取ってみよう」

そんな学生も、少なくありません。

どちらのタイプの学生にとっても、英語の長文を理解することは、とても難しいです。

IELTSやTOEFL、TOEIC®のような英語テストは、”合否判定”ではありません。
そのため中には比較的かんたんな問題もありますが、長文の文脈から想像して解答する難しい問題もあります。

おまけに、テストには時間制限があります。
最初は、誰しも「(IELTSの場合)60分で40問解くってどういうこと!?」と、絶望的な気分になることでしょう。

そういう理由で、「英語の長文を理解するのは難しい」と思う人はとても多いです。

「単語が記号に見えてくる・・・」

さらに、このような英語テストの長文の内容は、けっこう難しいです。

例えば、IELTSやTOEFLの科学。
「遺伝子の話なんか、日本語でも難しい〜(泣)」

例えば、TOEICの感謝状。
「海外の常識なんか知らないしムリ〜(泣)」

「先生、英語の単語がだんだん記号にしか見えなくなってきます。。」という人もいます。
これは、私も共感します!

漢字・ひらがな・カタカナ・ローマ字を使い、読み手にやさしい日本語はなんてすばらしい!!
改めて、日本語のすばらしさを実感します。

文型と品詞の理解・語彙の知識は必須

英語の長文読解がまるで苦手な人は、まず文型と品詞の理解が必要です。
「英会話や文法が得意」と思っている人でも、文型と品詞があやふやな人がけっこういます。

また、単語調べや単語リスト作成に時間を使うことは、とても大切です。

よく「接頭辞や接尾辞で品詞を予測する」と言いますが、最初からこのテクニックに頼るのはおすすめしません。ほとんどが、そのような単語ではないからです。

いうまでもなく、テクニックだけでIELTSやTOEFL、TOEICなどのテストスコアは取れません。
手で書き、頭で覚え、地道に語彙を増やしましょう。

「何を問われているのか?」を客観的に知る

長文読解が苦手な場合、ほとんどの理由は、語彙力がないためです。

実際、語彙力がない人は、まず「何を問われているのか?」が理解できていません。
そのため、解答に時間がかかり、スコアを落としがちです。

単語調べや単語リスト作成のような地道な作業をするのは、なかなかつらいことです。
おまけに、そんな努力を積んだからといって、すぐには難しい問題は解けないことでしょう。

そのため、まずは問題のタイプを知り、客観的に「なぜその選択肢が正解なのか?」を分析しましょう。

また、「何が何でも、次の試験で目標スコアを取る!」という情熱を持ち続けられることも重要です。
このような対策授業は”期限付きの学習”であることを自覚しながら、取り組むと良いでしょう。

テスト以外で、英語の長文読解が必要な人も同様です。

語彙や文法の知識を増やし、「何が書かれているのか?」を客観的に想定しながら読むことが、英文理解への最短の解決策だと思います。

無料体験授業

【受付時間】
平日 11:00 - 最終受付 19:00
土日祝 11:00 - 最終受付 17:00
※空き情報は『お知らせ【無料体験】空き情報』のページをご覧ください。

【場所】
東神奈川教室(JR京浜東北線東神奈川駅、東急東横線東白楽駅から徒歩約5分)
関内教室(JR根岸線関内駅から徒歩約3分)
※平日・土曜日は東神奈川教室、日曜日・祝日は関内教室になります。