【上級】映画を字幕なしで見る

内容を熟知しててもムリ!

「映画を字幕なしで見れたらいいな」と思っている方は多いのではないでしょうか?

しかし、英語が速くて聞けない。

しかも、聞けたとしても、単語の意味が分からない。

最悪なのは、知ってる単語があっても、速くて聞きとれない。

何度も見て、ストーリーを熟知している映画ですら、そんな感じのはずです。

 

英語が全然できなかった時代、私は洋画にハマり、よくレンタルして見ていました。

ある日、『スタンド・バイ・ミー』というアメリカ映画を見ました。

4人の子供たちが、ひと夏の冒険をするストーリーです。

子供の話す英語は簡単に思えて、「そのうち、英語が聞きとれるようになるんじゃないか?」と思い、繰り返し繰り返し見たのです。

 

5〜6回見た後、映画の字幕を、隠して見ることに。

ストーリーはほぼ覚えていたので、当然、英語も聞けると思いました。

……でも、なんと全然聞けないのです!!

これは、かなりの衝撃でした。

私は、ただ「話の内容が分かっている」だけだった。

決して、「リスニング力がついた」わけではなかったのです。

その後、大学留学のため渡米し、リスニング力のなさによってすごく大変な思いをすることとなります。。

単語の意味と発音を知るトレーニング

留学から帰国し、リスニング強化の方法として、ディクテーションやシャドウイングという練習方法を知りました。

ディクテーションは、英文を聞き、それを文字に起こすという練習です。

シャドウイングは、聞いた音源をそのまま口に出して発音するという練習法です。

この2つのトレーニングをすることで、単語の意味を理解しながら、正しい発音を身につけることができます。

ディクテーションとシャドウイングが、映画を字幕なしで見ることができるようになる最短距離であり、確実な方法なのです。

 

ディクテーションやシャドウイングには、会話文の音源など、短いものがよいです。

いきなり映画を題材にディクテーションやシャドウイングをするのは、あまりオススメしません。

特に、政治や医療、犯罪モノの映画は、単語が難しすぎます。

 

本屋では、音源付きの洋楽映画やドラマのスクリプト(台本)を売っています。

市販の英語テキストにも、音源CDやダウンロード音源が付きます。

このような題材は、ディクテーションやシャドウイングに大変役立つでしょう。

 

ディクテーションやシャドウイングは、やり方さえマスターすれば、一人でできるトレーニングです。

大切なのは、難易度の高い映画にチャレンジするより、できるようになるまで繰り返しやる根性!!(← 実はここが最も大事)

ディクテーションやシャドウイングは、すぐにできるようにはなりませんので、ハードル低めで始めましょう。

簡単ではありませんが、これもまた練習。

確実に映画を字幕なしで見られるようになりたい方には、一番オススメの勉強法です。

無料体験レッスン

50分レッスンを無料で体験していただけます。
お気軽にお問い合せ下さい。

●受付時間

平日    10:00 - 21:00 [月火定休]
土・日・祝 10:00 - 18:00

●アクセス

【オンライン】
パソコンやタブレットでオンライン受講できるツールZoomを使用します。

【対面】
横浜市神奈川区西神奈川1-13-12 アーバンビル 6F ウィズスクエア横浜 内(近隣に自転車置き場あり)JR京浜東北線『東神奈川駅』東横線『東白楽駅』から徒歩5分/京急線『仲木戸駅』から8分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA