『効く教材』のいいトコ悪いトコ

大手本屋のみならず、駅ナカのブックスタンドにも、結構な確率で置いてある英語ラーナー用の本。

売り場をのぞいてみると、けっこうな数の人が立ち読みしたりしています。
TOEIC®の攻略法が載っていたり、英語ニュースを読んだりするための雑誌も、数々出ています。

私は仕事柄、本屋のテキストコーナーによく立ち寄ります。
人からいいと聞いたテキストはほとんど持っている私ですが、紀伊国屋などの都心の老舗本屋の近くまで出向く際には、「ここぞ」とばかりに英語テキストを片っぱしからチェックしています。

超スバラシいテキストを何冊も持ってるのに、がんばって何度も何度も勉強しているのに、ただただ飽きっぽく暗記をする根性がない。
でも、「簡単に分かる」系のスバラシいテキストをやって、英語ラーナーの方が本当になりたい自分に近づけているのか、若干疑問です。

かたい説明を、めちゃめちゃ平たくして描いてある本もたくさんあります。
でも、それを1冊やっても英語は話せるようにならないので、文法を理解できたら単語やフレーズを覚えて、外国人講師との会話する時間を作って・・・・・・
・・・私なら、ぜったいに挫折します。

効く教材には、もちろんいいトコもあります。
「あれ?こういう時の言い方ってなんだっけ?」というように、辞書のように使えるからです。

たまに記憶が間違ってしまう人間とは違い、出版されている本に誤った情報は、ぜったいに載っていません。

ですので、独学の場合は、まずは自分が最後までやり切れそうなテキストを1冊選ぶことをおすすめします。

正直、「内容はどれもあまり変わらないんじゃないか?」というのが私の意見です。

テキストは中身を必ずチェックし、「無理すればできるかもな〜・・・」というものは選ばないようにしましょう。
語学学習のハードルは、最初はあまり上げないことが大切です。

無料体験授業をお試し下さい

●オンラインにて

平日・土曜日 9:00〜21:00
日曜日・祝日 9:00〜18:00

●対面にて

平日・土曜日 11:00〜20:00(東神奈川教室)
日曜日・祝日 11:00〜18:00(関内教室)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA