どこまで行けば英語上級者?

当てにならないレベルチェック

一般的な英会話スクールでは、体験レッスンなどで、ネイティブ講師相手にレベルチェックテストを行います。

その結果を元に、「初級」「中級」「上級」のクラス分けをするのです。

 

でも、このレベルチェックって、ちょっとムリがあると思いませんか?

というのも、初対面の外国人相手にペラペラ話せる人は、最初からスクールなんかに通わないと思います。

 

というわけで、普段日本人だけと生活をしている人は、だいたい「初級」レベルになります。

このようなレベルチェックは、英会話のレベルでなく、『英語慣れ』のレベルチェックなんですね。

あなたの『目標』は?

TOEICでは、「850以上が上級」という感じでしょうか?

でも、スコアの解釈って、人によって全く違いますよね。

 

「300からスコアを上げて、2度目で600取った!」という人もいれば、「800点台からスコアが上がらず、10回受けても900に届かない。。」という人もいます。

 

TOEICのスコアは、一般的に、600以上で履歴書の資格欄に書くことができます。

一方、900でも、外資系への転職などで有利とは限りません。

 

もし英語の先生になりたいのなら、TOEICは900以上ある方がいいです。

しかし、就活や転職のために、900を目指す必要はないのです。

 

目標が600でも900でも、『目標』がはっきりしていないと、スコアはなかなか取れません。

あなたの『目標』は、リスニング攻略?それとも、リーディング攻略?

TOEICでは、タイムマネジメント(時間配分)ができるようになることも、とても重要です。

英語とは関係ないけれど、立派な『目標』なんですね。

自信をつけよう!

グローバル化により、もはや英語は使えて当たり前の世の中です。

英検2級とTOEIC600以上のスキルは、学生のうちに身に付けておくべきでしょう。

 

さらに『英語上級者』になりたい方は、「英語が使いこなせる」という自信が必要。

急に英語が必要になった時、準備の時間がなくても、自信を持って英語が使えますか?

 

とはいえ、最初から英語に自信がある人はいません。

まずは目標に向かって自分と向き合える人が、『英語上級者』と言えるかもしれませんね。

 

ハッチ横浜は、『英語上級者』を目指す方を応援しています!

英語に自信、ありますか??

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA