TOEFL iBT®と英検準1のボキャブラリ

ブログ

英検用ではキビしい

「TOEFL対策も、昔買った英検用の単語テキストを暗記すればいいですか?」

生徒さんから、すごーくよく聞かれる質問です。

 

答えはNO!

TOEFLは、TOEFLテスト向けのボキャブラリ対策が必要です。

 

確かに、英検の長文読解問題も、環境など時事ネタが出ます。

しかし、単語の難易度が違う!

 

TOEFLテストはiBTもITPも、リーディングで出る単語は同じくらい難しい。

やはり、英検準1級とは単語のレベルが違います。

“最低でも”準1レベル

言うまでもなく、TOEFL iBT®のリーディングは、ボキャブラリがかなり難しいです。

スキミング&スキャニングだけで、すごーく時間がかかる。

 

しかも、スピーキングとリスニングにも、リーディングがついてきます(Integrated Task)。

「TOEFL iBT®攻略=ボキャブラリ力」と言っても過言じゃないんです!

 

ちなみに、英検準1級の長文読解問題は、『空所補充』と『内容一致』問題だけ。

 

一方、TOEFL iBT®のリーディング・セクションは、『代名詞』『文挿入』『要約』と、問題がバラエティに富んでいます。

もちろん、『内容一致』も出ます。

 

そして、複数出るのが、単語の意味を問う『ボキャブラリ』問題(そのまんま)!

『ボキャブラリ』問題は、比較的簡単な、サービス問題です。

まさに、この『ボキャブラリ』問題に必要なのが、ちょうど英検準1レベルの語彙力と言えるでしょう。

 

パッセージ(本文)の語数も、TOEFL iBT®のほうが多く、文章が長いです。

”最低でも“、準1レベルの語彙力がないとTOEFL iBT®のリーディングはキビしいと思います。

ベストなTOEFL iBT®ボキャブラリ対策

TOEFL用の単語テキストを活用するのは、当たり前。

プラス、英語の長文を読むこと自体に慣れましょう!

 

すぐスムーズに読めるようにはならないかもしれませんよ。

でも、着実に、確実に、語彙力(and 読解力)をつけることができます。

 

EST®公式サイトからダウンロードできる、TOEFL iBT®の練習問題を活用してください。

受験を目指す人は、「英語は英語で理解すること」に慣れておきましょう!

 

とはいえ、どの英語のテストもそうですが、テストに出てくる単語すべてが分からなくても大丈夫なんです。

TOEFL iBT®初心者さんでもできる、テクニックがいくつかあります。

 

また、TOEFL iBT®は、段落をまたがないと解けないとか、ひっかけだったりなどイジワルな問題は少なく、すぐ解けるサービス問題もあります。

 

ボキャブラリ対策は、あくまでサブ学習。

メイン学習ではありません。

 

実際に問題を解いて達成感を感じるなど、モチベーションを保ちながら、コツコツと(なるべく)楽しく続けましょう♪

無料体験授業をお試し下さい

●オンラインにて

平日・土曜日 9:00〜21:00
日曜日・祝日 9:00〜18:00

●対面にて

平日・土曜日 11:00〜20:00(東神奈川教室)
日曜日・祝日 11:00〜18:00(関内教室)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA