【超初級】交換留学は”率直さ”

IELTS or TOEFL®?

最近よく聞かれる質問があります。
「留学したいのですが、IELTSとTOEFLどっちを勉強すればいいんですか?」

これは、留学先によります。
イギリス・カナダ・オーストラリア留学はIELTS。
アメリカはTOEFLです。

IELTSとTOEFLは、非ネイティブ学生の英語力を測るテストです。
それぞれ、複数の種類のテストがあります。

IELTSは、アカデミック・モジュールという種類のテストを受けます。
TOEFLは、iBTという種類です。

交換留学のメリット

あまり英語に自信がない方は、まず語学留学を数ヶ月して対策授業を受け、スコアを取得できた時点で学部留学することも可能です。

でも、ぜひ交換留学を目指していただきたいです。

交換留学中は、日本で通う大学の単位が取れます。
つまり、留年したり休学したりしなくて良いのです。

もちろん、交換留学生に選ばれるには、一定以上のスコアを取らなければなりません。

テストを攻略するには

私は、これまで複数の大学で、IELTS®やTOEFL、英会話の授業を担当してきました。
その際、いつも同じようなことに気づきます。

多くの生徒さんは、平均的にボキャブラリや文法はできます。
その点、リーディングは有利だと思います。

一方で、足りないものがあります。
スピーキングやライティングに必要な”率直さ”です。

最近では、小さい頃に英会話をやっていた学生さんが多いです。
そして、「リーディングより英会話の方が得意だ」とおっしゃる方も多いです。

しかし、英会話ができても、質問に対してはっきりした意見を出すことができなければスコアは取れません。

英会話ができる人は、スピーキングに必要な”率直さ”を身につけましょう。
また、マルチタスクに対応するための、情報処理能力を養うトレーニングも必須です。

英語=”率直さ”!

上記のように、英語のテストを攻略するには、”率直さ”が欠かせません。

例えば、IELTSのスピーキングテストは、こんな問題が出ます。

「お気に入りのお店について話してください。」
「家族・友人の話を交えて、記憶に残る料理について話してください。」

このような質問に、あまりにあっさりと多くの学生が「特にない」と答えてしまう。

「お気に入りの店は、近くのコンビニ。近いから。」
これでOK!

「記憶に残る料理は、家の味噌汁。飽きないから。」
これでもOK!!

多くの生徒さんは、「そんなのでいいんですか?」と言います。
でも、意外とそれが難しいし、言えないし、説明できない。。

”率直さ”の反対言葉は、遠回し。
「多分」とか「どうなんだろ」みたいな遠回しな言い方に慣れている人は、特に注意しましょう。

無料体験授業をお試し下さい

●オンラインにて

平日・土曜日 9:00〜21:00
日曜日・祝日 9:00〜18:00

●対面にて

平日・土曜日 11:00〜20:00(東神奈川教室)
日曜日・祝日 11:00〜18:00(関内教室)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA