【生徒さんのお話】TOEICリスニング Part 3&4は「選択肢の先読み」で決まる

男性

リスニングでも必須の「読む」スキル

TOEICのリスニング対策を受講いただいたKさんです。

語学留学をした経験があり、英語でのコミュニケーションには慣れておられるそう。しかし英語試験のリスニングとなると、また違う難しさがあるといいます。

「Part 3とPart 4は、いつもなんとなく解いている感じがします。。」という悩みがおありでした。

TOEICリスニングPart 3と4では、「誰が」「何のために」話しているかを理解することがポイントです。

とはいえ、放送を100%聞き取れる必要はありません。放送が始まる前に、設問と選択肢を先に読んで理解することで、「誰が」「何にために」を推測できるからです。

特にPart 4(1人のトーク)は「誰が」「何のために」を聞き取りづらいので、先読みのテクニックがより重要となります。

TOEICリスニングのための「読む」トレーニングとは?

Part 3と4では、かなりの集中力を要します。

特に中盤あたりでは、集中力が途切れがち。リズムを崩してしまうとあっという間にテストは終わってしまうのですが、それはある程度仕方のないこと。

そういった面でも、リスニングの「読む」スキルは必須です。

まずは、基礎力アップ。Kさんも、設問と選択肢の重要キーワードをスキャン読みする『スキャニング』のトレーニングを行いました。

さらに、音読トレーニングとオーバーラッピング練習で「聞く」を鍛えます。

設問や選択肢を「読む」トレーニングをすると、放送が100%聞き取れなくても慌てずに冷静に答えを選べるようになります。

将来の夢に向かい、さらなるスキルアップをして行かれるKさん。TOEICで高スコアを取り、今後ますますのご活躍を応援しております!

ハッチ横浜英語教室は「TOEFL」「IELTS」に強い英語教室です。 オリジナルの『加点ポイントフォーカスメソッド』で、短期間で集中的に英語試験のスコアアップを目指せるようマンツーマンにてレッスンをおこなっています。 また、さまざまなトレーニングを通して、英語がスラスラ出てくるようになる楽しさを実感していただいています。

随時、オンライン無料体験レッスン受付中

体験レッスンを受けた方には、あなたのスコアアップに重点を置くべきポイントについてアドバイスさせていただきます。さらに、試験攻略の小冊子をプレゼント。

お気軽にお申し込みください。

講師