【初級】TOEFL iBT®リスニング講義のメモ取り

メモありきのリスニング

最近の学生さんは、「文法や単語の暗記より、英会話やリスニングの方が得意」という方がすごく増えています。

しかし、それでもやはりTOEFL®のリスニングは難しいようです。

 

特に、iBTの講義リスニングは5分前後ある。長い!

ちなみに、英検準一級Part 2やTOEIC® L&RのリスニングPart 4は、長くて1分ちょっと。

でもまあ留学後のことを考えると、これくらいの英語は聞けて当然かもしれませんね。

 

ところで、

Q. TOEFLの講義リスニング、どう聞けば良いですか?

A.   メモを取りながら聞く(正解!)

 

iBTのテストで、紙と鉛筆を貸してもらえるのは、メモのため。

「メモしないと解けないから貸してもらえる」のです。

 

間違っても目をつぶって聞いたり、メモなしで済ませようとしないように…

それから、テストの形式上、英検やTOEICみたいに選択肢の先読みもできませんよ。

 

「メモ取りのスキルも、講義リスニングのうち!」ということを覚えておいて下さい。

繰り返しの発言を聞き逃すな!

「TOEFLのリスニングは全然できない!」と嘆く、そこのあなた。

最初から最後まで、同じ集中力で聞いていませんか?

 

長ーいリスニング全部を、完璧に聞かなければ解けないというわけではないんです。

そのような人に限って、大事なところをまったく聞いていないということもありがち。。。

 

大事なところは、繰り返し言うところ。

講義をしている教授が、結構頻繁にこんな発言をしています。

 

例えば、、、

I will repeat this…「繰り返し言いますよ〜」

Let me say that again…「また言いますよ〜〜」

 

よく聞くと、必ずこのようなフレーズを言っています。

「聞き逃しちゃった〜…」なんてことにならないよう、十分集中して聞いて下さい。

 

このようなフレーズを言った直後が、問題に直結するような大事な発言。

すかさず、英語でメモを取りましょう。

 

メモは、縦に取ります。

上から下へ、書いていきます。

 

初心者ほど、必要以上にメモを取ろうとしがちです。

その他の部分はリラックスして聞き、集中力を高めましょう。

TOEFL向け対策を意識して

たまに聞かれるのですが、こんなTOEFLリスニング対策はオススメしません。

 

「英会話教室で耳を慣らすといいですか?」

× 英会話で身につくのは、コミュニケーション力。

異文化と接するので、モチベーション維持にはなるでしょう。

 

「シャドーイングでリスニング力をつければいいですか?」

△ 基本的なリスニング力は必要ですが、それだけでは不十分。

ただ聞けるだけでは、TOEFL iBTスコアが取れるとは限らない。

 

大切なのは、TOEFL iBT向けの対策。

そして、苦手の克服&解決です。

 

リスニングのメモが取れるようになるには、練習、そしてまた練習。

地道な練習、今日からすぐに始めましょう!

無料体験レッスン

50分レッスンを無料で体験していただけます。
お気軽にお問い合せ下さい。

●受付時間

平日    10:00 - 21:00 [月火定休]
土・日・祝 10:00 - 18:00

●アクセス

【オンライン】
パソコンやタブレットでオンライン受講できるツールZoomを使用します。

【対面】
横浜市神奈川区西神奈川1-13-12 アーバンビル 6F ウィズスクエア横浜 内(近隣に自転車置き場あり)JR京浜東北線『東神奈川駅』東横線『東白楽駅』から徒歩5分/京急線『仲木戸駅』から8分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA