[TOEFL iBTリスニング]【初級者〜中級者向け】講義のメモ取り【どこを書けばいいの?】

リスニング力だけでは解けない

TOEFL iBT(以下、iBT)のリスニングでは、長いもので、5分くらいの放送を聞きます。

 

ちなみに、IELTSは長くて4分くらい。

英検やTOEICでは1分ちょっとですので、iBTリスニングはダントツで長いです。

 

ところで、TOEFL iBTでは、紙と鉛筆を貸してもらえます。

リスニングは「メモしないと解けないから」です。

 

ですので、もしリスニングが得意だとしても、メモなしで済ませようとしないようにして下さい。

英語力と記憶力だけで、iBTのリスニングを聞くことはできません。

 

「メモ取りもiBTのうち」ということを覚えておきましょう!

どこをメモする?

集中して聞いているのに、「大事なところを聞き逃してしまう」という方がとても多いです。

それは、全体をなんとなく聞いているのが原因です。

 

繰り返し言うところ」「何度も言うところ」が、大事なところ。

「繰り返すところ=大事なところ」ですので、そこを確実に聞きましょう!

 

例えば、

I will repeat this…「繰り返し言いましょう」

Let me say that again…「何度も言いましょう」

など、よく聞くと放送で言っていることが多いです。

 

次に、すかさず上から下メモを取りましょう。

必要以上に、メモをしないことも重要です。

(「書く」と「聞く」を同時にするには、限度があります。)

 

iBTは、ただ単に「リスニングができれば良い」と言うものではありません。

他のテストにはない難しさがありますので、根気が必要です。

もし基本的なリスニング力に不安がある方は、ぜひプロにお任せ下さい。

 

●『音読』は耳を鍛える良いアウトプット練習です♪
こちらもどうぞ→映画を字幕なしで見る

●短いリスニングで実力をチェック!
外部リンク→TOEFL iBT Listeningサンプル問題(ETS®公式サイト)