【TOEFL iBT/ITP】英検単語でOK?【テキスト選び】

テストの場面設定を知ろう

TOEFLの単語対策、何をすれば良いかとても迷いますよね。

単語テキストを暗記をしても、全部がテストに出るとは限らないですし。

特に、TOEFLの単語対策は、苦戦しておられる方が非常に多いと思います。

英検ほど「出る順単語」が決まっていないのも、悩みの種です。

 

ちなみに、TOEFLは、英検に例えるとだいたい準1級(以上)の難易度です。

内容は、両方とも『アカデミックなトピック』が基本です。

 

しかし、実は、場面設定が少し違うのです。

TOEFLは、「大学生のキャンパスライフ」と「大学の講義」が中心。

  • 欧米の大学に通ったことがない方は、慣れるのがちょっと大変かもしれません。

英検の内容は、多岐にわたります。

  • 日常的な内容に加え、「環境」「社会問題」「文化」など、身近な内容も多いです。

 

でも、「アカデミックな内容」は共通なので、すでに英検用の単語テキストを持っている人は、それでもOK。

ただし、英検用は、TOEFL単語の全部はカバーしません。

別途、公式問題集などを使って、単語対策が必要です。

 

もしこれからTOEFLの単語対策を始める方は、TOEFL用の単語テキストを購入することをお勧めします。

単語テキスト、どれ買う?

もしまだTOEFL用の単語テキストを持っていない人は、ぜひTOEFL専用のものを買いましょう。

 

Amazonで『TOEFL  単語』で検索すると、1,000件以上ヒットします。

「ランク別」「分野別」「技能別」とあり、どれにするか迷いますよね!

 

✅「どれを買おうかな?」と迷った時は、口コミだけで選ばないようにしましょう。

  • 「初心者向けの〜」や「初めての〜」系テキストは、合う・合わないがありますので注意しましょう!
  • ハッチ横浜英語教室では、ベストセラーの単語テキストをお勧めしています。

 

実物を見て買うのもオススメです。

  • 「読みやすい」「持ち歩きやすい」など、ご自分に合うものを見つけましょう。
  • 「読みにくい」「使いにくい」ものはあまり使わなくなり、長期戦の単語対策には向きません。
  • 掲載されている単語は、あまり変わらないと思います。

 

テキスト付属の音源なども活用しましょう。

  • 目と耳、両方で覚えるととても効果的です。
  • ハッチ横浜英語教室では、リーディング・リスニング・ライティング・スピーキング全てのレッスンで単語対策を行っています。

 

TOEFLは、単語の対策がいちばんのポイントです。

単語対策を始めたら、さあ目標スコアへ向かってスタートです!

 

ハッチ横浜英語教室では、初級者さんや英語が苦手な方も安心のマンツーマンレッスンを行なっております。

どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

 

●単語力がないと同じところを行ったり来たり…

過去の投稿⇨[TOEFLリーディング] いらない情報は着ない服

●公式サイトでテスト内容をチェック!

外部リンク『TOEFL iBT®テスト内容』(EST® TOEFL®公式サイト