[TOEFL iBT/ITP]【テキスト選び】英検単語でOK?【TOEFLと英検の違い】

場面設定が違います

TOEFLを英検に例えると、準1〜1級くらいの難易度です。

どちらもとても難しいテストですが、場面の設定が少し違います。

 

TOEFLは、「大学のキャンパスライフと講義」が中心。

  • 日本人の学生には想像がつかない場面設定なので、慣れるのがちょっと大変かもしれません。

英検の内容は、多岐にわたります。

  • 「文化」や「社会問題」など、身近な内容も多いです。

 

英検用の単語テキストを使っている人は、それでもOK。

ただし、TOEFL単語の全部はカバーしません。

 

TOEFLの問題集を解いた後などに必ず復習して、TOEFLはTOEFL専門の単語対策を行いましょう!

単語テキスト、どれ買う?

もしまだ単語対策のテキストを持っていない人は、ぜひTOEFLの単語テキストを買いましょう。

 

Amazonでは、『TOEFL  単語』で1,000件以上ヒットします。

「ランク別」「分野別」「技能別」とあり、どれにするか迷いますよね!

 

✅「どれを買おうかな?」と迷った時は、口コミだけで選ばないようにしましょう。

ベストセラーがお勧めです。

 

✅本屋で実物を見て買うのがオススメです。

「字が読みやすい」「持ち歩きやすい」など、ご自分に合うものを見つけましょう。(載ってる単語はあまり変わらないです。)

 

アプリや音源も活用しましょう。

目と耳、両方で覚えるのがお勧めです。

 

TOEFLは、単語対策が一番難しいです。

テキストを選んだら、さあ目標スコアへ向かってスタートです!

 

●単語力がないと同じところを行ったり来たり…

過去の投稿⇨[TOEFLリーディング] いらない情報は着ない服

●公式サイトでテスト内容をチェック!

外部リンク『TOEFL iBT®テスト内容』(EST® TOEFL®公式サイト