[TOEFL]【初級者〜中級者向け】10問を11分で解くリーディング!?【タイムマネジメント】

まずはリーディング攻略だ!

TOEFL®対策の生徒さんに「得意なパートはなんですか?」と聞くと、リーディングをあげる方が多いです。

しかし、「単語が難しいし、すごく得意なわけではない」という感じです。

 

 実は、リーディングはスコアを上げやすいパートです。

  • その他のパートは「一発勝負」感があり、自己コントロールが難しい場合があります。

 

TOEFLリーディングは、一問でも多く解いて目標スコアを目指しましょう。

一問一問に、時間を費やさないよう注意します。

 

回答を迷う時も、気持ちを切り替える勇気。

「4つの選択肢を2つまで絞ったものの、1つに決められない!」という方が多いのですが、気持ちの切り替えもテストの一部だと理解しましょう!

 

リーディングでしっかりスコアを取れる方は、他のセクションも攻略できる可能性が高いです。

10秒で解くべき問題

TOEFLリーディングは、特にタイムマネジメントが難しいです。

出題数が多いのも、悩みの種です。

 

【リーディングテスト時間】

TOEFL iBT

  • 30〜40問を54〜72分(長文3〜4つ)

TOEFL ITP

  • 50問を55分(長文5つ)

 

TOEFL ITPにおいては、11分で1パッセージ(10問程度)をリーディングしなければなりません。

もし辞書の持ち込みが可能でも、時間内に解き終えられないと思います。

 

TOEFLリーディングでは、ご自分が得意&苦手な設問タイプを知りましょう。

  • 時間がかかる設問タイプ(内容一致問題やサマリー問題など)を強化しましょう。
  • 10秒で解ける設問タイプ(語彙問題や指示語問題など)の正解率を上げましょう。

 

「タイムマネジメントが苦手。。」という人は、まずはボキャブラリー対策から始めることをお勧めします。

 

●いらない情報、時間をかけて読んでいませんか?
こちらもどうぞ→いらない情報は着ない服

●TOEFL ITP®サンプル問題に挑戦!
外部リンク→TOEFL ITP Level 2 Section 3(EST® TOEFL®公式サイト)