[TOEFL]【初心者向け】英語が苦手でもTOEFL ITP 500点【アカデミックテスト】

TOEFL ITPの500点とは?

TOEFL®といえば、以前はアメリカ留学のためのテストでした。

最近では、大学のクラス分けや進級などのため、TOEFL ITP®(以下、ITP)受ける方が非常に多いです。

 

ITPは、かつてあったTOEFL PBT®を受け継いでいるテストとのこと。

アメリカ留学の人向けに作られたテストですので、当然ながら、とても難しいです。

 

初心者さんは、まず500点を目指しましょう。

  • 500点は、満点677点の74%です。
  • 英検に例えると、2級以上レベルです。

 

ただし!

  • タイムマネジメントが、初心者さんにとって想像以上の難易度です。
  • 時間を意識しながら、80%くらいの正解率を目指しましょう。

 

難関!【TOEFL ITP】のタイムマネジメント

  • Section 1(リスニング)
    一音源につき3〜5問を同時に解く
  • Section 2(文法問題)
    40問を25分で解く
  • Section 3(リーディング)
    50問を55分で解く

 

英語のテストといえば英検が定番でしたが、今後は、もっとハードルが上がるかもしれません。

中学・高校で習った英語の知識が、あまり生かせないのも要注意です。

現状ゼロなら自己分析から始めよう

ITPは、市販のテキストが少ないです。

しかもレベルが中級以上のものがほとんどで、文法があまり得意でない方の独学は、難しいといえます。

 

スコア500を目指すには、まず自分の現状を分析して下さい。

  • 語彙力は?
  • 文法力は?
  • リスニング力は?
  • 読解力は?
  • タイムマネジメント力は?

 

どのセクションを、あと何問正解しなければならないのか?

どのセクションを、あとどれくらい学習が必要か?

 

TOEFLは、「英語を英語で理解する」能力が問われるため、「日本語に訳しながら理解する」では解けないテストです。

一問一問に時間をかけず、解ける問題は、確実に解きましょう。

 

英語が苦手でも、スコア500はクリアできます!

グローバルな英語力に生かせるスキル、身につけませんか?

 

●TOEFLの単語対策、どうする?
こちらもどうぞ→[TOEFL iBT/ITP] 英検単語でOK?

●TOEFL ITPのサンプル問題をチェック!
外部リンク→Preparing for the TOEFL ITP Test(ETS®公式サイト)