【TOEFL ITP】英語が苦手でも 500点【アカデミック英語入門】

TOEFL ITPの500点とは?

TOEFL ITP®(以下、ITP)は、留学者向けテストのTOEFL PBT®を受け継いだテストです。

そのため単語がとても難しく、問題数も非常に多いです。

 

初級者さんは、まずは500点を目指すことになります。

TOEFL ITP 500点は、

  • 満点677点の74%です。
  • 英検に例えると、2級〜準1級レベルです。

 

ただし、

  • タイムマネジメントが、初心者さんにとって想像以上の難易度です。
  • 時間を意識しながら、70%くらいの正解率を目指しましょう。

 

難関!【TOEFL ITP】のタイムマネジメント

  • Section 1 Part B, Part C(リスニング)
    一放送につき3〜4問を解く
  • Section 2(文法問題)
    40問を25分で解く
  • Section 3(リーディング)
    50問を55分で解く

 

ITPは、マネジメントが難しいテストです。

中学・高校で習った英語の知識は、残念ながらあまり生かせないかもしれません。

「初級者さんも中級者さんもスタートは同じ」

自己分析から始めよう

ITPは、その他のアカデミック英語テストに比べ、市販の対策テキストがとても少ないです。

しかも中級レベル以上のものがほとんどで、英語初級者さんには非常に難しいと思います。

 

500点を目指すには、自分の英語力を客観的に分析し、「やるべきこと」を明確にして下さい。

【TOEFl ITP】500点に必要な英語力

  • 語彙力は?
  • 文法力は?
  • リスニング力は?
  • 読解力は?
  • タイムマネジメント力は?
  • どのセクションを、あと何問正解しなければならないのか?
  • どのセクションを、あとどれくらい学習が必要か?

 

ITPは、日本語で理解しながらでは解けないテストです。

一問一問に時間をかけず、解ける問題は、確実に解きましょう。

 

英語が苦手でも、500点はクリアできます。

グローバルな英語力を、ぜひ身につけましょう!

「できるようになると楽しいTOEFL対策」

 

ハッチ横浜英語教室では、TOEFL初心者さんや英語が苦手な方も安心のマンツーマンレッスンを行なっております。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

〜TOEFLの単語対策、どうする?〜
こちらもどうぞ→[TOEFL iBT/ITP] 英検単語でOK?

〜TOEFL ITPのサンプル問題をチェック!〜
外部リンク→Preparing for the TOEFL ITP Test(ETS®公式サイト)