【TOEFL ITP】英語が苦手でもスコア500

なぜ今、TOEFL ITP®?

アカデミック英語の二技能テスト、TOEFL ITPレッスンの需要が増えています。

入学直後のクラス分け、進級や卒業の条件に、ITPスコアが必要な大学が多いんですね。

 

なぜ今、TOEFL ITP?

 

TOEFL ITPは、「英語が苦手」な学生を見つけるテストだと思うんです。

受験英語では測れない、グローバルな英語力があるかどうか。

 

やっと日本の大学も、本当の意味でグローバルになったと感じます。

ITP『スコア500』の難しさ

ほとんどの大学が条件としているのが、『スコア500』。

満点677の74%『スコア500』を取るのは、なかなかハードルが高いです。

 

それは、テストの内容が難しいからだけではありません。

 

【スコア500が難しい理由】

●リスニング:

・アメリカ人の生活を想定している

・一音源につき3〜5問を同時に解く

●リーディング(語彙と文法):

・40問をたった25分で解く

●リーディング(長文読解):

・50問をたった55分で解く

 

受験英語の知識があっても、『スコア500』には生かせません。

制限時間内に一問でも多く解き終えてこその、『スコア500』なのです。

戦略よりトレーニングのITP

TOEFL ITPは、ネットの情報はかなり少ないです。

売っている問題集も、ほとんどが中級者向け。

 

もともとTOEFLはTOEICなどに比べ情報が少ないので、

戦略も練りづらい。

 

う〜ん困った。

じゃあ、どうすればいいの?

 

「英語が苦手」な方は、『トレーニング』で攻略します。

 

リスニングは、発音と音読。

リーディングは、スキミングとスキャニング。

 

「英語を英語で理解する」感覚を、叩き込みます。

「日本語に訳さないと理解できない!」では、ITP攻略できませんよ。

 

また、時間をかけることに慣れると、『スコア500』は難しい。

「英語が苦手」な方が英語の感覚を身につけるには、トレーニングしかないのです。

客観の目は基礎力から

「英語が苦手」なあなた。

攻略ばかりに気を取られていませんか?

 

とにかく、時間が足りない。

時間が足りないのは、基礎力がないからです。

 

時間が足りない。基礎力もない。

その事実を客観的に意識し、対策を進めましょう。

 

リスニングも、客観の目で。

選択肢を「読む」ので、耳だけじゃないですよ!

 

発音と音読。

語彙と文法。

スキミングとスキャニング。

 

基礎力をつけた上で、

解ける問題に集中し、解けない問題はあきらめる。

正答率80%を目指して解く。

 

すべては、基礎力をつけるトレーニングから始まります。

 

私自身、大切にしているのは、厳しくも暖かく見守る客観の目。

『スコア500』に生かせる客観の目、つけませんか?

 

〜〜〜ハッチ横浜のTOEFL ITP対策レッスン〜〜〜

TOEFL ITP®

無料体験レッスンお申込み

お気軽にお問い合せ下さい。

●受付時間

平日    10:00 - 21:00 [月火定休]
土・日・祝 10:00 - 18:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA