[TOEFL ITP] 英語が苦手でもスコア500

国内でもグローバルな英語力

TOEFL®といえば、以前はアメリカ留学のために受けるテストでした。

最近では、国内における大学のクラス分けや進級などのために、TOEFL ITP®を受ける方も多いです。

 

ほとんどの方が目指しているスコア500は、満点(677)の74%。

なかなかハードルが高いといえます。

 

アカデミックな内容が難しいのはもちろんですが、

考える時間がとにかく短いことのが大変!です。

 

【TOEFL ITP】

●Listening
一音源につき3〜5問を同時に解く

●Structure and Written Expression
40問を25分で解く

●Reading
50問を55分で解く

 

…初心者さんにとっては、想像以上の大変だと思います。

大学受験の知識があまり生かせないことも、理解しておきましょう。

 

学生さんには、ますますグローバルな英語力が求められていますね。

今後は、もっと厳しくなるかもしれません。

現状を客観的に分析

TOEFL ITPは、テキストが少ないことでも知られています。

市販テキストは中級レベル以上がほとんどで、英語以外を専攻の学生さんには、かなり難しいといえるでしょう。

 

それでも、スコア500は最低レベルのスコア。

まずは、ご自分の現状を分析しましょう。

 

語彙力は?
文法力は?
リスニング力は?
読解力は?
タイムマネジメント力は?
…など。

 

どのセクションを、あと何問正解しなければならないのか?

スコア500まで、何をどれくらい学習が必要か?

客観的な分析が、非常に大切です。

 

考える時間が短く、「日本語に訳しながら理解する」では遅すぎるテストです。

一問一問に時間をかけず、解ける問題は確実に解きましょう。

 

英語が苦手でも、スコア500はクリアできます。

グローバルな英語力に生かせるスキル、身につけませんか?