【TOEFL】高校留学のリーディング

一緒に考える時間

アメリカの高校へ留学を目指す中学生さんのレッスンを、担当した時のお話です。

SSAT(Secondary School Admission Test)の勉強を、頑張っておられる中2の男の子でした。

 

彼の場合、すでにお兄さんがアメリカ留学中。

どうやら、自ら進んで留学を希望したというわけではありません。

 

アメリカの高校では、履修科目を自分で決めるなど、自主性がとても大切です。

日本の中学では自主性はあまり重要視しない場合が多いし、彼の場合は勉強もイヤイヤやっている感じがあり、ちょっと心配。。。

 

しかし、担当しているうちにだんだん打ち解けてきて、弱点や課題などを、一緒に考えるようになりました。

講師が一方的に指示するのではなく、「一緒に考える時間」が、とても大切だと感じたのを覚えています。

自主性を尊重!

最初の頃は、目も合わせてくれず、問いかけにも「はぁ」とか「まぁ」とかしか言いませんでした。

レッスン中も、聞いてるのか聞いてないのか分からないくらいツマラなさそう。。(反抗期の真っ只中!)

 

自ら進んで希望した留学ではないけれど、これでは、彼自身に良くありません。

 

というわけで、代わりに「一緒にやってみよう!」というレッスンに変えてみました。

できる限り干渉しないようにし、できなければ自己責任!です。

 

彼は、言われてやるより、「チャレンジして、できたらうれしい!」という性格のようでした。

細かいことは苦手ですが、度胸があるというか、肝が座っているのです。

 

というわけで、リーディングは、復習より、予習を重視しました。

「細かいことは気にしない!」という感じで、新しいことをゲーム感覚で進めていきます。

 

単語も、暗記してくるというよりは、文脈から推測してカンで答える。

外れると、すごく悔しそうです。

 

15歳にして家族と離れ、文化も生活もすべて違う環境で暮らす不安は、とても大きいことでしょう。

しかしすぐに慣れ、たくましく困難を乗り越て充実した生活を送ることも想像できます。

 

また、彼とお会いしてみたいです。

楽しいハイスクールライフをエンジョイされることを祈っています!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA