[実践スピーキング] 生徒さんのお話 9

社内公用語が英語

実践スピーキングを受講いただいた生徒Iさんです。

Iさんの会社は、社内公用語が英語!

 

日本人スタッフも、英語の方が得意な帰国子女が多いとのこと。

一方、Iさんは転職して間もなく、社内環境に戸惑いがあるとのことでした。

 

特に、オンライン会議は悩みの種です。

中には、クセのある英語を話す方もいます。

 

「言いたいことがあるのに英語が出てこない。。」

このようなお悩みの方は多いのではないでしょうか?

形容詞の知識を増やす!

中でも、意外と出てこないのが形容詞。

形容詞は、物事の様子を表現するのに欠かせない単語です。

 

しかし、「知っているのに出てこない」ほうが多いです。

 greatは出てきても、wonderfulやincredibleは、意外と出てきませんよね?

 

知ってるけど、使えない。

それはやっぱり、練習をしないから。

 

最初は、Iさんも形容詞が出てきませんでした。

トレーニングを重ねるうち、「レッスンで使った形容詞が素早く出てきた!」とのこと。

 

これからも、素早いリスポンスを心がけて頑張ってください。

今後ますますのご活躍、陰ながら応援しております!