[生徒さんのお話 9] いざという時に英語が出てこない

会社で英語が出てこない…

実践スピーキングを受講いただいた、Iさんです。

Iさんの会社は、社内公用語が英語。

 

外国人スタッフや帰国子女の日本人スタッフはじめ、バイリンガルがほとんどだそうです。

一方、Iさんは転職して間もなく、

語学留学の経験があり日常会話には困らないものの、社内英語のレベルの高さに戸惑いがあるとのことでした。

 

特に、オンライン会議は悩みの種です。

また、一対一なら話せても、複数の人を相手に話すことは非常にハードルが高いです。

 

「言いたいことがあるのに、英語が出てこない。。」

外資系企業にお勤めの方は、こんなお悩みは多いのではないでしょうか?

 

パラフレーズで語彙を増やす!

Iさんの場合、語彙力が足りないことが分かりました。

特に『形容詞』は、物事の様子を表現するのに欠かせない重要な単語です。

 

英語では、結論を語るときに『形容詞』を使うことがよくあります。

例えば、お寿司を食べて、一言目が「Delicious!」といったイメージです。

 

一方、日本語は非常に遠回しで、

「新鮮で美味しいネタですが、どこ産ですか?」といった感じで

「美味しい」といった結論を後回しにして表現したりします。

 

名詞や動詞も大切ですが、

形容詞を使えるようになることで、パラフレーズ(言い換え表現)のバリエーションを増やすことができます。

Iさんから、「レッスンで使った形容詞が、仕事に活用できた!」とうれしいご報告をいただきました。

 

 

単語は、暗記をしても、いざという時に出てはきません。

「知っているのに出てこない!」「後で考えたら簡単な単語だった!」のようなことを避けるためにも、

ぜひパラフレーズを活用してください。

 

今後ますますのご活躍、陰ながら応援しております!

 

ハッチ横浜英語教室では、スピーキングに自信がない方や、独学で成果が感じられない方も安心の、

  • 語彙・文法・文化を学べる『インプット』
  • 基礎力を鍛える『トレーニング』
  • 応用・実践・マネジメント力を強化する『アウトプット』

を組み合わせたマンツーマンレッスンを行なっております。(ライティングは添削付き)

どうぞお気軽にお問い合わせください。

体験レッスンお申し込みはこちらから
お問い合わせはこちらから

〜こちらもどうぞ〜

[生徒さんのお話 4] 発話が続かない

〜外部リンク〜

無料イベントをチェック!
セミナー・イベント【公式】TOEIC Program (ETS®公式サイト)