[生徒さんのお話 14] 大学入試対策 暗記苦手な理系高校生

「英語=暗記」!?

都内の私立高校に通う、理系高校生のN君です。

お母様曰く、「息子はとにかく英語が苦手!」とのこと。

ご本人も、高校に入ってからは「『英語=単語の暗記』だから苦手」という呪縛(?)から抜け出せないご様子。

 

確かに、英語が苦手な方は、単語力が足りないことが多いです。

しかし、「英語が苦手」と「暗記が苦手」は、全く別です。

 

N君の場合、まずは応用文法を理解することが必須でした。

その身につけた文法力を生かし、英単語に親しみつつ、長文読解を中心としたレッスンを実施しました。

 

ゲームのようにクリア!

英語が苦手な方は、学校の授業でよくある「日本語に訳しながら理解する」というやり方をすると、

逆に、英語に対する苦手意識を増加させやすいです。

 

というのも、こういったやり方では、訳すという行為自体に尽力しすぎてしまい

その結果、「回答に時間がかかる」「正答率が上がらない」などといった悪循環に陥りがちです。

 

入試対策本来の目的は、「正答率を上げること」。

N君の場合、「長文が理解できるかどうか」ではなく、「問題が解けるかどうか」にフォーカスしました。

 

入試対策では、問題を解くという”ゲーム性”を持たせることができます。

特に、英語に苦手意識が強い理系の学生さんに、お勧めの学習方法です。

 

 

現在、大学の理工学部に通うN君。

これからも英語力を生かして専門分野でがんばってください。陰ながら応援しております!

 

ハッチ横浜英語教室では、英語に苦手意識がある方や、何から学習し始めれば良いか分からない方も安心の

  • 『インプット』(語彙・文法・文化)
  • 『トレーニング』(基礎の定着)
  • 『アウトプット』(応用・実践・マネジメント)

を組み合わせ、お一人お一人に合ったマンツーマンレッスンを行なっております。(ライティングは添削付きです。)

どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

体験レッスンお申し込みはこちらから
お問い合わせはこちらから

 

〜こちらもどうぞ〜

【基礎文法】2種類の「もし〜なら」

〜外部サイト〜

大学入学共通テスト 英語(朝日デジタル公式)