シンプルな英語アウトプットのコツ

多すぎる『インプット』

「いざという時、英語が出てこない!」という方、いませんか?

 

単語の暗記をやって、

文法を復習して、

TOEICスコアも取った。。

なのに、いざという時に英語が出てこない!

 

努力しているのに英語のアウトプットがうまくできない人は、学習が『インプット』に偏っています。

 

学習が『インプット』に偏ると、「いざという時、間違えたくない。。」という気持ちになってしまいがち。

「いざという時、英語が出てこない!」のは、当たり前ですよね。

短い『アウトプット』をたくさん

「いざという時、英語が出てこない!」という人は、難しい表現を使おうとしがちです。

シンプルに、『アウトプット』ができていないのです。

 

子供にも分かるような表現は、英語がシンプルになります。

文をつなげる表現(接続詞や関係代名詞など)を使いすぎないようにすると、うまくいきます。

 

では、短い文を、たくさん『アウトプット』できるかどうか試してみましょう!

テーマは何でも構いません。

 

【『アウトプット』チェック】

●沈黙しない
●Wellや「ア〜」ばかり言わない

●同じ表現を繰り返し使わない

 

やってみると、意外と難しいですよね。

いかがですか?

同時にスピーキング&ライティング

スピーキングとライティングは、同じ『アウトプット』です。

ですので、同時に学習すると、とても効果があります。

 

当教室では、スピーキングのレッスンに、ライティングを取り入れています。

まずライティングで「アイディア出し」をし、そのアイディアを元に、スピーキングで『アウトプット』します。

 

スピーキング&ライティングに、「アイディア出し」。

まさに、一石三鳥なのです。

 

『インプット』と『アウトプット』は、必ずセットでお願いします。

 

シンプルな英語は、そんな甘くない。

継続は力なり!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA