シンプルな英語のコツ

日本人には難しいシンプル

スピーキング入門スピーキング実践レッスンでは、ハッチ横浜オリジナルのワークシートを使っています。

このワークシートは英語を書くのが苦手な方でも簡単に記入でき、語いと文法を同時に学習することができます。

 

このワークシートの一番の目的は、「シンプルに話す」ため。

英語特有の、率直に意見を言うスキルを身につけるためです。

 

例えば、「週末の予定を話す」。

これを、シンプルに話してみます。

 

【良い例】

「This weekend, I will spend time with my family.」

「We don’t have any special plans yet.」

「We might go out in the afternoon.」

 

 

【悪い例】

「I don’t know…」

「Maybe I will stay home…」

「But I don’t know about that.」

 

これは、短い文で、いかに長く話を続けられるかという練習です。

 

ちなみに、「I don’t know…」の後には、話が続きません。

せめて、「I don’t know, BUT」でつなげていただきたいところです。

 

やってみると分かりますが、シンプルに話すのは意外と難しいと思います。

なぜシンプルは難しい?

その主な原因は、言うまでもなく、語いと文法力の不足。

多聴多読して、使える表現を増やしましょう。

 

そして、文化の違いも、その理由。

日本語は、よく言えば「丁寧」、悪く言えば「回りくどい」。

英語は、よく言えば「結論から話す」、悪く言えば「キツい」。

 

特に、ビジネスパーソンは、回りくどい話し方をする人が結構多いです。

そのため、英語の素早いリスポンスが苦手な人が多いのです。

セットで強化!インプット+アウトプット

まずは、語いを増やす。

そして、文法を理解する。

これらなくして、英語はシンプルに話すことができません。

 

英語学校によっては、語いを増やすために単語暗記をさせられるようですが、「覚えて終わり」では意味がない。

 

覚えた単語で、『結論→詳細→まとめ』に沿ってシンプルに話すとか、

習った文法で、相手に伝わりやすい英語を書くとか。

 

インプットしたら、必ずアウトプットもセットで。

でないと、インプットの意味がなくなってしまいます。

 

シンプルな英語は、そんな甘くない。

継続は力なり!

無料体験授業をお試し下さい

●受付時間

平日    10:00〜21:00(月火定休)
土・日・祝 10:00〜18:00
※日・祝はオンラインのみとなります

お問い合せ・ご相談も承っております。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA